子育て情報『娘、やっぱり通常学級が合わないかも?進学先に悩む中で気づけた、たった一つの大切なコト』

娘、やっぱり通常学級が合わないかも?進学先に悩む中で気づけた、たった一つの大切なコト

2018年3月7日 14:00
 


入学前に通常学級を選択した話

娘が広汎性発達障害の診断を受けたのは、4歳(年中)の時。
しかし、それより前の3歳(年少)の頃から、進学先について、夫婦共々、真剣に考えていました。

発達外来の主治医のアドバイスもあって、年中は「療育に積極的に取り組む一年」として、いろんなトレーニングや言語訓練、自宅療育に取り組みました。

そして、年長になり、進学先を決める時期になりました。
娘の進学に関しては、私たちも初めてのこと…。
正直、どこを選ぶことが正解かわかりませんでした。

基本は娘が楽しく過ごせるところ。
そうであれば、特別支援学校でも、支援学級でも、通常学級でも、どこでもいいと考えていました。

娘、やっぱり通常学級が合わないかも?進学先に悩む中で気づけた、たった一つの大切なコトの画像

Upload By SAKURA

進学先を決めるにあたり、色んな人に相談したり、話を聞いたりしました。
夫婦で、たくさん話し合いました。

最終的には、発達外来の主治医の先生から
「支援員の要請さえすれば、小学校の、通常学級で大丈夫だと思いますよ。」
と言われたことが決定打となり、地元の小学校の、通常学級に進学することに決めました。

私たち夫婦も
「できるならみんなと同じことをこなせるようになって欲しい…
少しレベルの高い所にいた方が、頑張れるのではないか…」
そう考えたのです。


入学直前に引っ越した我が家。同級生と馴染むために工夫もしました

私たちは、娘の小学校入学直前に引っ越しをしたため、今まで通っていた幼稚園から、同じ小学校へ進学する子が一人もいませんでした。さらに、娘の通うことになった小学校は、付属の幼稚園からそのまま持ち上がりのシステム。

娘以外の全員が、すでに仲良しの状態なのです。

そこで私たちは、入学式の2か月前から、同じ小学校に入学する子たちが通う幼稚園のスポーツの日に週一回、数時間だけ通わせてもらっていました。

少しでも、入学前にみんなと仲良くなってもらい、入学してからのスタートがスムーズになるようにしたかったからです。

事前に交流を持っていたこともあって、入学当初は順調でした。

お友達もたくさんでき、喧嘩はあっても、それなりに楽しく過ごせていている様子。小学一年生の授業も最初はそんなに難しくないこともあって、なんとかついていけているようでした。

娘、やっぱり通常学級が合わないかも?進学先に悩む中で気づけた、たった一つの大切なコトの画像

Upload By SAKURA


授業が進み難しくなった頃、担任からの相談&報告が増えて来て…

しかし、入学してしばらく経った頃から、だんだんと授業についていけないようになりました。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.