子育て情報『子どもの進級、周りの意見で大混乱…。娘と私にとっての「最善の道」を決めた、ほんとの気持ち』

子どもの進級、周りの意見で大混乱…。娘と私にとっての「最善の道」を決めた、ほんとの気持ち

2018年4月4日 14:00
 


娘の進級先、選択肢は増えたけど…みんなの意見が違う

娘の次年度の進級先について、担任の先生との話し合いの中で、知らなかった情報がわかった私たち。

今後の選択肢が、
①通常学級
②通常学級在籍で、支援学級へ通級
③支援学級在籍で、交流学級へ通級
の3つに増えたと分かった6月…。

選択肢が増えたことで、さらに悩みも増えてしまいました。

子どもの進級、周りの意見で大混乱…。娘と私にとっての「最善の道」を決めた、ほんとの気持ちの画像

Upload By SAKURA

最初、この話を聞いた私は、今まで通常学級で過ごした娘の日々の様子や、授業での問題、お友達とのトラブル…いろいろな出来事を踏まえ、「支援学級があるなら、支援学級がいいんじゃないかな?」
と考え始めていました。

しかし、直前の定期検診で主治医の先生に「通常学級がいい」と言われていたし、主人や、主人の両親は、(支援級があったことを知っても)通常学級を希望していました。

娘が通常学級で学んでいることで成長している、そのことに大きな価値を感じていたからです。

でも、私は、このままではいけないとも感じていました。

何かしら支援は必要…でも、みんながそういうなら、通常学級在籍のまま、通級という選択の方がいいのかもしれない。

自分の気持ちと、周りの考えに揺れつつ、自分の思いと決断に自信がなかった私は、無意識に周りの意見に流されていったのです。


進級の希望を伝えた面談で、担任の先生が話した言葉

そして、後日、再び担任の先生との面談が。

前回言われた、3つの選択肢の中で、どれにするかを決める話し合いでした。

私は、周りと意見が分かれてしまい、モヤモヤしていた状態でしたが、

担任の先生に、
「まだ考え中ですが…主治医の先生も、通常学級を勧めてくれているし…主人も、身内も、通常学級を希望していますので、通常学級在籍で、通級にしようかと考えています。」
と伝えました。

しかし、それを聞いた先生は無言…。

そして、自分の経験を話し始めました。

子どもの進級、周りの意見で大混乱…。娘と私にとっての「最善の道」を決めた、ほんとの気持ちの画像

Upload By SAKURA

私たちは、娘の最大の課題は、学力ではなく、「人とのコミュニケーション」の部分だと考えていました。先生やお友達とのコミュニケーションを学校生活で一つひとつ学ぶことで、今娘が抱えている、「授業での問題」「お友達とのトラブル」は改善するのではないか…。

そんな思いを話すと、先生は、
「コミュニケーションの部分が課題…ということですが、支援学級在籍でも、朝の会、体育や道徳などの教科、給食や掃除、帰りの会は、通常学級で受けられます。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.