子育て情報『やっぱり同級生ママには言いにくい…インターネットだから分かち合えた発達障害育児の本音』

2019年1月30日 14:00

やっぱり同級生ママには言いにくい…インターネットだから分かち合えた発達障害育児の本音


発達障害育児はちょっぴり孤独…?

発達障害がある娘を育てていて、だいぶ精神的に強くなって気がしている私ですが…周りの子と比べなくなっても、娘の個性を受け入れていても、どうしても若干の「孤独感」はあります。

通常学級に通う子どもを育てるお母さんの悩みと、私の悩みは内容がやっぱり違うから…。

やっぱり同級生ママには言いにくい…インターネットだから分かち合えた発達障害育児の本音の画像

Upload By SAKURA

娘の学校で、保護者の方と立ち話をしていても、相槌を打ちながらも「そうか…小学二年生の子の親は、そういう悩みを持つんだ…」と思い、わが子のできることとのレベルの違いを感じることもあります。

悲観的ではありませんが、相手に気をつかって、本当の悩みは言えなかったりします。


発達ナビのタイムラインに投稿してみた

娘は宿題の時、パニック状態になることが多くあります。

連日続くパニックに疲れた私は、自分の頭を冷静にするために、その状況を一コマ絵に描き、なんとなくLITALICO発達ナビのタイムラインに投稿しました。

やっぱり同級生ママには言いにくい…インターネットだから分かち合えた発達障害育児の本音の画像

Upload By SAKURA

反応がほしかったわけではなく、自分の中で自己完結させる気持ちでした。

しかし、投稿後、予想外にいいねの数は増えていき、同じような状況の人から、たくさんコメントを頂きました。タイムラインを見ていると「あ、うちだけじゃないんだ…みんなそうなんだ…」と思うと、気持ちが軽くなっていきました。

そして…

やっぱり同級生ママには言いにくい…インターネットだから分かち合えた発達障害育児の本音の画像

Upload By SAKURA

というコメントを見た時…
「私が投稿していることで、他の誰かも…気持ちが軽くなることがあるんだ。」と心が温かくなりました。


同じ悩みを持つユーザー同士だから繋がれる

タイムラインを見ていて思うのは、同じように悩む人がいる…
でもみんな子どもを愛してて…我が子の「小さなできた」を一つひとつ喜んでいるということ。

やっぱり同級生ママには言いにくい…インターネットだから分かち合えた発達障害育児の本音の画像

Upload By SAKURA

学校の保護者の方とは違う、繋がり…会ったことはないけれど、心の中での繋がりのようなものを感じました。発達障害のある子の「あるある話」を遠慮なく話せるのは、そういう所から来るのかなと思います。


私がコラムを書く理由は…

LITALICO発達ナビのコラムを書く時、私は「発達障害を理解してほしい」というよりも、「同じように悩む人の参考になったり、気持ちが楽になったりしたら嬉しい」という気持ちで書いています。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.