子育て情報『【新連載!】え!?そこなの?自閉スペクトラム症の息子・ヒルマの「カッコいい」基準』

2019年5月14日 07:00

【新連載!】え!?そこなの?自閉スペクトラム症の息子・ヒルマの「カッコいい」基準


進級準備で息子が選んだ筆箱は

【新連載!】え!?そこなの?自閉スペクトラム症の息子・ヒルマの「カッコいい」基準の画像

Upload By アマミモヨリ

お母さんになって10年になりますが、わたしは息子(ヒルマ)のことがよくわかりません。それはきっとヒルマが赤ちゃんの頃から、何かと予想通りに行かず、途方に暮れてきた実績があるからだと思います。

だから息子が選んだ真っ黒なだけの筆箱の、カッコよさがわからなかったときも、特に気にしなかったのです。


その筆箱がカッコいい意外な理由

「カッコいい理由」がわかったのは、筆箱についている帯を外して、名前を書こうとしたときでした。あわててヒルマが言ったのです。

【新連載!】え!?そこなの?自閉スペクトラム症の息子・ヒルマの「カッコいい」基準の画像

Upload By アマミモヨリ

おどろきました。ヒルマは筆箱についていた、紙製の帯が気に入っていたのです。

「いや、これね、フツーは外して使うやつだから~」そう言って笑い飛ばせたらどんなに楽でしょう。

発達凸凹さんのヒルマにとって、こんな風に思っていたのと違うってことが、ひどく受け入れ難いことのようなのです。


思っていたのとちがう!そのとき母は…

こんなとき、わたしの頭はフル回転します。ヒルマの地雷を踏まないように、動揺を悟られないように、慎重に考えます。

【新連載!】え!?そこなの?自閉スペクトラム症の息子・ヒルマの「カッコいい」基準の画像

Upload By アマミモヨリ

ヒルマがシールと思っている帯は、実際には紙を巻き付けてあるだけなので、すぐに外れてしまいます。透明なフィルムで、筆箱ごと包んでしまおうかとも考えました。

でも…。と、そのときふいに思ったのです。

それってやっぱり違うかも。


とにかく説明してみよう

冷静に思い直したわたしは、とにかく説明してみることにしました。

【新連載!】え!?そこなの?自閉スペクトラム症の息子・ヒルマの「カッコいい」基準の画像

Upload By アマミモヨリ

筆箱の帯は、お店で目立つために付いていること。このまま使ってもいいけれど、すぐにやぶれてしまうこと。そしてこれからは買う前に、「この部分は外して使うよ」って教えるねと約束しました。すると──


思いがけない息子の反応

【新連載!】え!?そこなの?自閉スペクトラム症の息子・ヒルマの「カッコいい」基準の画像

Upload By アマミモヨリ

説明を聞いたヒルマは、「はずしていいよ」とすんなり納得。「はずしてもカッコいいから」と笑顔です。

その反応にわたしはビックリ!だって筆箱を買い替える覚悟でしたから。

その夜、さっそく夫に報告しました。

【新連載!】え!?そこなの?自閉スペクトラム症の息子・ヒルマの「カッコいい」基準の画像

Upload By アマミモヨリ

ゆずれない困りごとが減っていく。出来なかったことが、出来るようになる。

小さな一歩がこんなにもたくさんあるから、これってラッキーだなあって、今ではおだやかにそう思えます。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.