子育て情報『ASD兄妹、梅雨になると絶不調!思うようにいかない毎日だけど、母が焦らず対処できる理由』

2019年6月11日 07:00

ASD兄妹、梅雨になると絶不調!思うようにいかない毎日だけど、母が焦らず対処できる理由


育児日記で気づいた…わが子は梅雨に不調になる!?

梅雨の足音がバシャバシャと聞こえてまいりました!季節の変わり目は体調を崩しやすいとは言いますが、発達障害があるとそれがより顕著な気がします。うちの息子と娘はどちらも、特に梅雨のこの時期に不調に見舞われることが多くあります。

ASD兄妹、梅雨になると絶不調!思うようにいかない毎日だけど、母が焦らず対処できる理由の画像

Upload By 寺島ヒロ

ASD兄妹、梅雨になると絶不調!思うようにいかない毎日だけど、母が焦らず対処できる理由の画像

Upload By 寺島ヒロ

ASD兄妹、梅雨になると絶不調!思うようにいかない毎日だけど、母が焦らず対処できる理由の画像

Upload By 寺島ヒロ

ASD兄妹、梅雨になると絶不調!思うようにいかない毎日だけど、母が焦らず対処できる理由の画像

Upload By 寺島ヒロ


眠れない、起きられない、体が言うことをきかない…!

妹いっちゃんはあまり「病気」という状態までになることはないので説明しにくいのですが、やはり「不調」としか言いようのない時期が梅雨のころにやってきます。特に悩ましいのが、睡眠がうまくとれなくなることです。

まず、夜眠れなくなります。眠ろうと布団に入るのですが、頭がさえて眠れないというのです。そして当然の帰結ですが、朝起きられなくなります。

起きられないといっても通常の寝坊と違い、呼びかけにも応じない完全な"寝落ち"状態。意識があるときでも、起こそうとするとそっくり返って抵抗され、無理に体を立たせたりすると泣きわめいて布団に戻ります。(そしてまた寝てしまう...)

起きたとしても大変機嫌が悪く、食欲もありません。そんな状況で起きているときは、たとえ学校に行っても、家でテレビを見ていても、後で聞くと内容をほとんど何も覚えていません。

本人もある程度自覚があるらしく、「起きなければ」「学校に行かなければ」と思っているのに、体が言うことをきかないとのこと。

ゴソゴソと工作をしたり、ピアノを弾いたりと好きな活動をしていることもあるのですが、それは「いつもの自分」を取り戻すための必死の行動で、決して遊びではないのです。得意なはずのことも思ったようにできないようで「ギーーー!!」と怒声が…。

ASD兄妹、梅雨になると絶不調!思うようにいかない毎日だけど、母が焦らず対処できる理由の画像

Upload By 寺島ヒロ


年を重ねるうちに不調の波は小さくなって…

兄のタケルも、幼いころは梅雨の時期に1~2週間寝込んでいました。しかし、12歳ぐらいからだんだんと寝込むことが減ってきました。18歳の今でも梅雨に入るころの2~3日は頭痛と吐き気に悩まされてはいますが、頭痛薬を飲みながら登校しています。

妹のいっちゃんも、去年と比べると今年は5月下旬に学校に行けている日数が多くなっています。2人とも成長するにつれて少しずつ不調の波が小さくなっているように感じるので、ある程度は身体の発達を待つという姿勢も必要なのかな…と思っています。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.