子育て情報『ASDの兄・タケル、夏祭りデビューのはずが…参加には思わぬハードルがあって!?』

2019年8月14日 07:00

ASDの兄・タケル、夏祭りデビューのはずが…参加には思わぬハードルがあって!?


兄タケル小4の夏、となりの地区と合同で夏祭りを開催することに!

私たちが当時住んでいた地域は大変少子化が進んでおり、兄タケルが小学校1年生の時には20人ほどいた「子ども会」のメンバーも、4年生になるころには4人に減っていました。しかも3年後、妹いっちゃんが1年生になるころにはたった1人になる見込みとのこと。

これは大変!ということで、となりの区の発案でいずれ合併することを前提に、一緒に夏祭りを開催することになりました。

ASDの兄・タケル、夏祭りデビューのはずが…参加には思わぬハードルがあって!?の画像

Upload By 寺島ヒロ

ASDの兄・タケル、夏祭りデビューのはずが…参加には思わぬハードルがあって!?の画像

Upload By 寺島ヒロ

ASDの兄・タケル、夏祭りデビューのはずが…参加には思わぬハードルがあって!?の画像

Upload By 寺島ヒロ

ASDの兄・タケル、夏祭りデビューのはずが…参加には思わぬハードルがあって!?の画像

Upload By 寺島ヒロ

しかし、合同での夏祭りの開催が決まったころには、わたしたちの地区の子どもたちはすでに夏休みの予定が埋まっていて、参加できるのはタケル1人ということになり、私は「困ったことになった...」と思いました。

同じ地区の子ども会の人たちには、人数が少ないこともあり、また幼いころから家が近くで顔見知りということもあり、タケルの障害のことを話していました。そのため、ちょっと変わった子だけど、理由もわかっているし、昔から知っているしということで受け入れてくれていたのです。

ですが、となりの区の新しい人たちと関わるとなるとそうはいきません。事前に障害のことを話すとしても、子ども会だけでなく地域のお祭りですから誰が参加するかもわからない、中には障害者に対してあまり理解がない人もいるかもしれないということを考えるとためらわれました。

ASDの兄・タケル、夏祭りデビューのはずが…参加には思わぬハードルがあって!?の画像

Upload By 寺島ヒロ

結局、障害のことは何も言わず…お祭り当日までは、参加する人が少なそうな日を選んで盆踊りの練習だけ行くことにしました。

幸い、盆踊りの指導をしてくれたのは穏やかな年配の方ばかりで、また読みがあたって練習に参加していた人数も少なかったので、タケルも過度に興奮することなく無事に練習を終えることができました。あとは当日楽しく参加するだけ、と親も一安心していました。

と・こ・ろ・が…!


いよいよお祭り当日。練習の成果を発揮!するはずが...

ASDの兄・タケル、夏祭りデビューのはずが…参加には思わぬハードルがあって!?の画像

Upload By 寺島ヒロ

待ちに待ったお祭り当日、練習の時にはカセットテープ音源だったので気にならなかった太鼓の音が、実際はとても大きかったことに驚き、タケルはお祭りの会場に着いたとたん倒れてしまいました!一緒に来ていた妹いっちゃんも「うるさい!もう帰る!」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.