子育て情報『便利さよりも居場所が大事!田舎暮らしが、発達障害のある娘にはメリットばかりだと思う理由』

2019年9月25日 14:00

便利さよりも居場所が大事!田舎暮らしが、発達障害のある娘にはメリットばかりだと思う理由


田舎生活3年目、今振り返って思うこと

私たちは娘が3歳の時、主人の出身県である沖縄に引っ越してきました。最初に住んでいたのは、県内でも中心部に近く、自宅の周りには公共施設も多く、便利だったのですが…。娘が小学校に入学する少し前に、新居を建て、主人が生まれ育った田舎に。こうして始まった田舎生活は、3年目に突入しました。

今回は、田舎での生活・子育てで、私が感じたメリットとデメリットを紹介します。


メリット①周りに親戚が多く、孤独感がなく賑やか

便利さよりも居場所が大事!田舎暮らしが、発達障害のある娘にはメリットばかりだと思う理由の画像

Upload By SAKURA

主人の親戚はとても人数が多く、集まりも頻繁にあります。子どもたちも多く、比較的よく会う子だけでも、10人以上。下は1歳から上は高校生まで。

コミュニケーションが苦手な娘ですが、こういった人の集まりは大好き。娘は「誕生日会」「進学祝い」などの集まりをいつも楽しみにしています。いとこたちと遊び、楽しそうな娘を見ると、親戚同士の集まりは、子どもたちにとって大切なのだと感じます。

娘の特性についても説明しているので、娘が何か場に合わないことを言ったりしたりしても、指摘することはなく、理解してくれています。子どもたちの輪に入っても、娘が違和感なく過ごせる姿は、私自身穏やかな気持ちで見守ることができています。


メリット②学校が少人数で、アットホーム

便利さよりも居場所が大事!田舎暮らしが、発達障害のある娘にはメリットばかりだと思う理由の画像

Upload By SAKURA

娘の小学校は、一学年が一クラスのみ。全学年の人数も少ないため、アットホームです。主人もそんな環境で育っているため、「みんな兄弟みたいな感覚だよ」と言っていました。主人を見ていると、子どもたちも同じように育ってほしいと感じます。

他にも、田舎は自然がいっぱい。海にすぐ行けたり、自然を楽しめる地域のイベントも多く、つい家でゲーム…となりがちな子どもたちにとっては、とてもいい環境だと感じます。子供会の夏祭りやクリスマス会などの行事で、楽しそうに過ごす娘を見ると、そのアットホームさがありがたく感じます。


デメリット①買い物や外食をするお店が、近場になく、数が少ない

便利さよりも居場所が大事!田舎暮らしが、発達障害のある娘にはメリットばかりだと思う理由の画像

Upload By SAKURA

私の家の近くには、買い物をする施設がなく、一番近いスーパーでも往復30分。行って…買い物して…帰ってきたら、40分以上かかることになります。しかもあるのはスーパーだけ。子ども服やホームセンターに行こうと思ったら、車で片道30分かけなければ行けません。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.