子育て情報『お支度や片付けも、発達障害むっくん仕様に。目指すは、生活習慣が自然と身につく家!想定外だったこと・思わぬ効果も。【住まいづくり後編】』

2020年1月28日 07:00

お支度や片付けも、発達障害むっくん仕様に。目指すは、生活習慣が自然と身につく家!想定外だったこと・思わぬ効果も。【住まいづくり後編】


前回のあらすじ

むっくんの就学を意識し始めたころ、にぎやかすぎる兄弟を叱ってばかりの生活に追い詰められ一軒家を建てることに。
前編では、それまでの生活での困りごとを意識して工夫したポイントを紹介してきましたが、後編では、ちょこっと先の将来を見据えて意識したことについてです。


ちょっと先の未来を意識した間取りと設備

現在6歳のむっくんは、もうすぐ小学生になります。これから生活習慣について声かけが必要なシーンも増えてくるだろうと考え、間取りでカバーできそうなことは取り入れるようにしました。

登校前や帰宅後の流れが、毎日の難関になりそうだと考え、玄関まわりの間取りは工夫しました。
玄関入ってすぐに「上着を掛ける場所」「荷物置き場」を作り、学校へ持っていく持ち物、靴下、ハンカチなども収納できるように。更に洗面台も作りました。

意味を持つ場所が次々と目に入るので、声を掛けずとも自然に習慣を整えることにつながるといいなと考えています。

お支度や片付けも、発達障害むっくん仕様に。目指すは、生活習慣が自然と身につく家!想定外だったこと・思わぬ効果も。【住まいづくり後編】の画像

Upload By ウチノコ

感覚が敏感なむっくんは、刺激の強い場所では疲れてしまいます。
自宅を落ち着ける場所にするため、壁紙や床は模様や強い色が入らないよう気を付け、インテリアも同系色に。シンプルな内装で視覚から入る刺激を減らすよう心がけました。

また、将来勉強に使ってほしい子ども部屋は北側に配置。
理由は日の光が強く入らず変化が少ないこと、更に我が家の場合は道路に接していない方角が北側だったので、音の刺激も減らせるということで決めました。(勉強するかどうかは別問題ですが…)

お支度や片付けも、発達障害むっくん仕様に。目指すは、生活習慣が自然と身につく家!想定外だったこと・思わぬ効果も。【住まいづくり後編】の画像

Upload By ウチノコ

モノの管理や片付けがものすごく苦手なむっくん。私にとって将来一番心配なことはコレかもしれません。
そこで、モノの管理や、自分が管理できる量の上限などを学びやすい環境になるよう意識しました。

我が家のモノはどこに何をしまうか決めたうえで設計し、備え付け家具のみで賄えるようにしてあります。
私が管理できるモノの上限量がそれだけであること、後付け家具はない方が部屋の情報量が減らせるという理由もありますが、全てのモノが決まった場所に収まっている環境で育ててあげたいという思いもありました。「どこに何をしまうのか」を明確にして、「入りきらないものは増やさない」「増やしたいなら前のものを減らし、スペースを作ってから」ということを日々の暮らしの中から学んでいけたらいいなと思っています。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.