子育て情報『「勉強がつらい」「学校に行きたくない」ASD小4長男、青年期ゆえのイライラ。息子の自己肯定感を高めるために母が心がけたこと。【かんしゃく特集】』

2020年10月1日 08:00

「勉強がつらい」「学校に行きたくない」ASD小4長男、青年期ゆえのイライラ。息子の自己肯定感を高めるために母が心がけたこと。【かんしゃく特集】


「社会性秩序」だけど、「周りに認められたい」

「勉強がつらい」「学校に行きたくない」ASD小4長男、青年期ゆえのイライラ。息子の自己肯定感を高めるために母が心がけたこと。【かんしゃく特集】の画像

Upload By スガカズ

当時小4の長男には学校での悩みが主に3つありました。

●人に強く言われて真に受けて落ち込む。
●学校生活を送る中で先生に助けを求めたいが(タイミングや認識のずれが原因で)うまくいかない
●勉強のレベルが上がりつまずくことが増える

泣きながら「もう学校にいきたくない…」ともらす事もありました。

長男の怒りの矛先が、当時小1の次男に向けられる時は大変です。
良く目にしたのは長男が癇癪を起こしている時に、次男が「なんで泣いてるの?」と長男を見ると、長男が「見るな!」と怒るパターンです。

長男は辛いときの自分を見られたくない。
次男は家族が泣いているのを気にする。
それぞれの言い分でケンカが始まってしまいます。

この頃は次男も小1の壁にぶち当たっている時期なので、理不尽な事を言われると次男も癇癪を起こしてしまいます。兄弟ゲンカを仲裁してそれぞれにフォローする日々。どうにかならないものかと私は悩んでいました。


療育センターで小児精神科の先生に相談

「勉強がつらい」「学校に行きたくない」ASD小4長男、青年期ゆえのイライラ。息子の自己肯定感を高めるために母が心がけたこと。【かんしゃく特集】の画像

Upload By スガカズ

長男と次男が通っている療育センターで小児精神科の先生に相談しました。
「長男くんはもうすぐ10歳。青年期に入っているんです。脳が成長している証拠ですよ。」
成長だと言われて少し安心しました。

青年期の子どもには、二次的障害を出来るだけ減らすために心の揺れがあった時に本人が立ち直りやすいように守ってあげる必要があるとアドバイスしていただきました。


自己肯定感を高めるために心がけた事

「勉強がつらい」「学校に行きたくない」ASD小4長男、青年期ゆえのイライラ。息子の自己肯定感を高めるために母が心がけたこと。【かんしゃく特集】の画像

Upload By スガカズ

「自分は守られていると気付き、自信を持ってもらい自己肯定感を高めてほしい」
そう思ったので、好きなことは無理にやめさせませんでした。
長男は「○○が作りたい!」と思ったら、家や学校で何時間でも没頭するタイプで、それが学校で言われる原因ではありますが、失敗も経験しながら、好きなことと上手く付き合っていくのが大事だと感じました。この頃は授業中に勉強しながら工作をする姿が目立っていたのですが、工作をしながら授業を受けると耳からの情報を得やすい事が判明しました。周りから見ると工作をしているだけに思われがちなのですが、授業に耳を傾けているのです。

逆に苦手なことは、割り算の筆算や漢字でした。どうやら「学校に行きたくない」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.