子育て情報『「しつけが悪い」「問題児」のレッテルから四半世紀。「発達障害」の認知は進んだけれど…?』

2020年10月21日 08:30

「しつけが悪い」「問題児」のレッテルから四半世紀。「発達障害」の認知は進んだけれど…?


子育ても四半世紀、学校や世の中で変化したことは?

「しつけが悪い」「問題児」のレッテルから四半世紀。「発達障害」の認知は進んだけれど…?の画像

Upload By ひらたともみ

「しつけが悪い」「問題児」のレッテルから四半世紀。「発達障害」の認知は進んだけれど…?の画像

Upload By ひらたともみ

「しつけが悪い」「問題児」のレッテルから四半世紀。「発達障害」の認知は進んだけれど…?の画像

Upload By ひらたともみ

「発達障害」という言葉は、四半世紀子育てをしている私にとって「まだ新しいもの」という感覚があります。

第一子の長男が小学校に入学したころは、「座れない・人の話が聞けない」と、授業を妨害している児童とみなされ、厄介者というようなレッテルを貼られる場面が多くありました。

そのため、幼稚園や家庭でどんなしつけをしてきたのかを問われ、親が呼び出されることも珍しくなかったと思います。

「しつけが悪い」「問題児」のレッテルから四半世紀。「発達障害」の認知は進んだけれど…?の画像

Upload By ひらたともみ

「しつけが悪い」「問題児」のレッテルから四半世紀。「発達障害」の認知は進んだけれど…?の画像

Upload By ひらたともみ

「しつけが悪い」「問題児」のレッテルから四半世紀。「発達障害」の認知は進んだけれど…?の画像

Upload By ひらたともみ

「しつけが悪い」「問題児」のレッテルから四半世紀。「発達障害」の認知は進んだけれど…?の画像

Upload By ひらたともみ

「しつけが悪い」「問題児」のレッテルから四半世紀。「発達障害」の認知は進んだけれど…?の画像

Upload By ひらたともみ


発達障害という言葉は知られるようになったけれど…

あれから学校でも、社会全体でも「発達障害」という言葉が知られるようになりました。

ですが、発達障害の当事者や家族は楽になったか…というと、
本当にそうだろうか?まだまだ理解も配慮も足りていないのではないだろうか…と考えてしまいます。

それはこの先も、社会とともに、試行錯誤することになるのでしょうね。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.