子育て情報『素敵なあの人の子育て Vol.1 モデル・鈴木えみさん』

2022年4月15日 09:00

素敵なあの人の子育て Vol.1 モデル・鈴木えみさん

目次

・素敵なあの人の子育てVol.1 モデル・鈴木えみさん
・お気に入りの本
・娘の描いた絵
・縫い物
・吹きガラスとあざらし
素敵なあの人の子育て Vol.1 モデル・鈴木えみさん

FEATURE
素敵なあの人の子育て Vol.1 モデル・鈴木えみさん

素敵なあの人の子育て Vol.1 モデル・鈴木えみさん

素敵なあの人の子育て Vol.1 モデル・鈴木えみさん

素敵なあの人の子育て Vol.1 モデル・鈴木えみさん

素敵なあの人の子育てVol.1 モデル・鈴木えみさん

2022.4.15子どもを育てるとき、親は何度も選択を迫られる機会があります。習い事を始める? やめる? どこに行く? 学校は? その選択はすべて、自分のためではなく“子どもにとってどうだろう?”を軸に悩み、考えて、選択しているはず。楽しく自分たちらしく暮らす鈴木えみさん夫妻に「子育てMyルール」をお聞きしました。これを参考に、親子がフラットでいられる、自分たちらしい子育てが見つかりますように。PROFILE
素敵なあの人の子育て Vol.1 モデル・鈴木えみさん

鈴木えみさんモデル、デザイナー1985年9月13日生まれ。1999年に雑誌『SEVENTEEN』でデビュー後、カリスマ的人気を誇るファッションモデルに。2013年に結婚。一児のママ。2017年より自身のブランド『Lautashi(ラウタシー)』のデザイナーを務める。またジャンルを問わずコラボレーションやプロデュースなどを多く手掛けている。@emisuzuki_official
素敵なあの人の子育て Vol.1 モデル・鈴木えみさん

押しつけるのではなく娘の興味に気付くことが大切 えみさん:私たちそんなに「これは絶対!」というルールは持っていないから大丈夫かなぁ。むしろフレキシブルでいたいと思っているかも!?旦那さん:そうだね。えみは押しつけるということをしないから。僕も基本的に、娘には自由にいろいろなことをしてもらいたいと思っています。彼女が少しでも興味を持っていることは家族でサポートしてあげられたらいいなと。それには彼女がちょっとでも興味を持つことに、まず親側が気付くことが必要だと思っています。えみさん:そうだね。押しつけないけれど、見逃さないことは大切かもしれません。娘を見ていると、陽キャではあるし、家で歌ったり踊ったりしているのですが、表舞台には興味を持っていない感じがします。自分と似ている部分はあるけれど全く違う部分もあるから、同じだと思い込まずに彼女らしい個性を見るようにしています。
素敵なあの人の子育て Vol.1 モデル・鈴木えみさん

素敵なあの人の子育て Vol.1 モデル・鈴木えみさん

素敵なあの人の子育て Vol.1 モデル・鈴木えみさん

休日の過ごし方は、娘はもちろん、親も一緒に楽しめるお出かけへ 旦那さん:娘はダンスを習ったり、最近はボイストレーニングを始めたり。表現することが好きみたいです。えみさん:私がボイストレーニングを習い始めたのは15歳の頃。その頃を思い出して懐かしい気分になったりしています。こんなにもたくさんの習い事や情報があふれている中で、「これをやりたい! 」と本人が強く思う気持ちは大切にしたいです。

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.