子育て情報『ステイホームで感じたこと・変わったこと 【モデル・クリエイター編】』

2020年6月11日 14:00

ステイホームで感じたこと・変わったこと 【モデル・クリエイター編】

ステイホームで感じたこと・変わったこと 【モデル・クリエイター編】


長い時間をお家で過ごしたステイホーム期間。どのようにお子さんと過ごしたか、その期間を経て感じたことや変わったこと、これからお子さんとどのように暮らしていきたいかを、モデル、イラストレーター、フォトグラファーなど様々な肩書きを持つママ・パパに聞きました。

CONTENTS
1.モデル・垣内彩未さん(2歳の女の子のママ)
2.モデル・武智志穂さん(双子妊娠中のプレママ)
3.ミュージシャン、アーティスト・ショコラさん(3歳の男の子のママ)
4.イラストレーター・前田ひさえさん(4歳の女の子のママ)
5.フォトグラファー・松木宏祐さん(3歳の男の子のパパ)

【 Question 】
Q1.ステイホーム中、どのようにお子さんと過ごしましたか? また、日々を一緒に過ごして感じたこと、気付いたことはありますか?
Q2.ステイホーム期間を経てご自身が感じたことや変わったことを教えてください。
Q3.これからどのようにお子さんと暮らしていきたいですか?

ステイホームで感じたこと・変わったこと 【モデル・クリエイター編】


name:垣内彩未さんjob:モデル
モデルとして多くの女性誌で人気を集める。自身のブランド『not lonely』(https://www.notlonely.jp/)が好評展開中。2歳の女の子のママ。
Instagram:@kakiuchiayami

A1.子どもの成長を感じられた期間
娘とはほとんどお家で過ごしましたが、バルコニーで体を動かしたりしてストレス発散していました。お家の中では、パズル、粘土、工作、レゴ、お絵描きなどをしたり、ディズニー映画を観て過ごしました。ずーっと一緒に過ごしてみて娘の成長をとても感じました。特にお喋りがとっても上手になり、ますます会話が楽しくなりました。

A2.身のまわりのモノ選びに変化
私自身がステイホーム中に肌荒れしたこともあり、以前よりさらに身のまわりのモノ選びに意識を向けるように。スキンケア、洗剤、食生活をガラッと変えてみました。自分の身体と向き合えるいい機会でした。

A3.子どもと一緒に楽しいことや感動を見つけていきたい
これからもできる限りのことは気を付けて、でも娘の体と心の発達のためにも、たくさんの楽しい! や、感動を見つけてあげたいなと思います。

ステイホームで感じたこと・変わったこと 【モデル・クリエイター編】


name:武智志穂さんjob:モデル
ファッション誌、TV、CM、ラジオなどモデル発のタレントとして10年以上のキャリアを持つ。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.