子育て情報『五感が解放される、緑豊かな「クレマチスの丘」は “子どもと美術が出会う場所”』

2019年6月15日 06:23

五感が解放される、緑豊かな「クレマチスの丘」は “子どもと美術が出会う場所”

目次

・クレマチスの丘へミッフィーに会いにいこう!
・ヴァンジ彫刻庭園美術館
・ベルナール・ビュフェ美術館
五感が解放される、緑豊かな「クレマチスの丘」は “子どもと美術が出会う場所”

富士山のお膝元、長泉町にある自然豊かなエリア「クレマチスの丘」。そこには4つの美術館があります。「IZU PHOTO MUSEUM」(一時休館中)、「井上靖文学館」、そして「ベルナール・ビュフェ美術館」と「ヴァンジ彫刻庭園美術館」です。

折しも今、子どもたちにぴったりの展覧会を開催中とのことなので、さっそく足を運んできました。自然もアートも両方楽しめて、子どももおとなも大満足な魅力いっぱいの美術館にご案内します!

クレマチスの丘へミッフィーに会いにいこう!

クレマチスの丘は、静岡県長泉町の愛鷹山中腹にある文化複合施設です。敷地は2つのエリアに分かれています。

■クレマチスガーデンエリア
ヴァンジ彫刻庭園美術館とIZU PHOTO MUSEUMがあり、イタリア人彫刻家ジュリアーノ・ヴァンジの作品が館内と庭園に贅沢に散りばめられ、存在感を放っています。ガーデンはとてもよく手入れが行き届いていて、季節の花々が目を楽しませてくれます。広々とした芝生では、子どもたちが楽しそうにはしゃいでいました。■ビュフェエリア
フランスの巨匠ベルナール・ビュフェの世界最大のコレクションを誇る、ベルナール・ビュフェ美術館。そして、併設されたビュフェこども美術館では、大人から子どもまでがアートを楽しむことができます。幼少期を伊豆で過ごした井上靖を記念して設立された井上靖文学館も見逃せません。
違う表情を持つ2つのエリア――1日いても飽きることはありません。

現在、2つの美術館でディック・ブルーナの展覧会が開催中です。どちらもミッフィーを通してアートと自然を楽しめる工夫がいっぱいで、親子で楽しめるものとなっています。

■ヴァンジ彫刻庭園美術館

【ミッフィーのたのしいお花畑ディック・ブルーナが描くお花と絵本の世界展】
お花と植物がテーマとなっていて、美しい花々が咲き乱れるガーデンには、庭仕事やクレマチスガーデンのことをわかりやすく説明してくれる看板など、学びながら楽しめる工夫がたくさん。植物を好んで描いたブルーナさんの作品を見ることができるコーナーもあります。

五感が解放される、緑豊かな「クレマチスの丘」は “子どもと美術が出会う場所”


五感が解放される、緑豊かな「クレマチスの丘」は “子どもと美術が出会う場所”
五感が解放される、緑豊かな「クレマチスの丘」は “子どもと美術が出会う場所”


五感が解放される、緑豊かな「クレマチスの丘」は “子どもと美術が出会う場所”


自由に参加できる「みんなのお花畑をつくろう」のコーナーは、「庭園でお花をスケッチして、テーブルにある4色の中から好きな紙を選び、ブルーナのようにできるだけシンプルに描いてみよう」というもの。大人も子どもも目をキラキラさせながら取り組んでいて、“お花畑” の白いボードには、個性的でカラフルな絵が咲き乱れていました。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.