子育て情報『「じゃんけんに勝ったのは誰でしょう?」文章題が得意な子はこう考える!』

2021年2月24日 09:10

「じゃんけんに勝ったのは誰でしょう?」文章題が得意な子はこう考える!

目次

・<第1問>工夫して足し算をしよう
・<第2問>私は何歳でしょう?
・<第3問>じゃんけんに勝ったのは誰でしょう?
・算数が得意な子でも難しい「少しひねった文章題」
「じゃんけんに勝ったのは誰でしょう?」文章題が得意な子はこう考える!

新型コロナウイルスの再流行にともない、全国で外出自粛の動きが続いています。せっかくの休日も家族や友達と出かけられず、おうちで過ごす時間が増えているのではないでしょうか。

みなさんのお子さまは、おうち時間をどう過ごしていますか?ずっと家にいると、ついゲームをしたりマンガを読んだりして、ダラダラと一日を過ごしてしまいがちです。でも、できることならば、長引く自粛期間も有意義に活用したいですよね。

そこで今回は、おうち時間の気分転換になり、お子さまの思考力とやる気がアップするような、算数の発展問題をご紹介したいと思います。ゲームやマンガをいったん置いて、紙とペンを用意してみましょう。ぜひ、おうちの方もお子さまと一緒に取り組んでみてくださいね。

<第1問>工夫して足し算をしよう

まずは、簡単な足し算の問題から。

簡単に計算できるよう、工夫して下の足し算を解いてみましょう。

【1】1+2+3+4+5+6+7+8+9=
【2】2+4+6+8+10+12+14+16+18=

左からひとつひとつ数字を足していくこともできますが、手間がかかりますし、そのぶんミスもしやすくなります。じつはこの2問、式の順番を入れ替えるだけで簡単に解くことができるのです。たとえば、【1】の式をこのように書き替えてみると……?

【1】(1+9)+(2+8)+(3+7)+(4+6)+5=

1+9=10
2+8=10
3+7=10
4+6=10

【1】の式は「10が4つ」と「5が1つ」でできていることがわかりますね。
よって、10+10+10+10+5となり、【1】の答えは45です。

【2】も同様に、このように順番を入れ替えて計算します。

【2】(2+18)+(4+16)+(6+14)+(8+12)+10=

2+18=20
4+16=20
6+14=20
8+12=20

【2】の式は「20が4つ」と「10が1つ」でできていることがわかります。
よって、20+20+20+20+10で、【2】の答えは90です。

このように、キリがよく計算しやすいまとまりをつくることで、一見複雑な足し算も簡単に解くことができるのです。
学びノベーション12-1


<第2問>私は何歳でしょう?

下の3つのヒントを読んで、私の年齢を当ててください。

【ヒント1】私は50歳よりも若いです。
【ヒント2】私の年齢は5で割ると2あまる数です。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.