子育て情報『楽しみながら判断力をつけさせるメニューや考えて動けるようにする声かけはある?』

2020年4月24日 14:34

楽しみながら判断力をつけさせるメニューや考えて動けるようにする声かけはある?

未就学〜小学6年までを指導している。まずはサッカーというスポーツを楽しんでもらうことを前提に、年代が進むにつれ考えて動くプレーを身につけさせたい。おすすめのメニューや声かけはある?とのご相談をいただきました。

今回も、これまでジェフユナイテッド市原・千葉の育成コーチや、京都サンガF.C.ホームタウンアカデミーダイレクターなどを歴任し、のべ60万人以上の子どもたちを指導してきた池上正さんが練習メニューや声かけをアドバイスします。(取材・文:島沢優子)

目次

・全員がプレーに関わった実感を持てると楽しくなる
・FCバルセロナの指導で定義される「いいポジション」とは
・育て急ぐのか、勝ち急ぐのか......。日本と海外の指導者の違い


楽しみながら判断力をつけさせるメニューや考えて動けるようにする声かけはある?
(写真は少年サッカーのイメージです。ご相談者様、ご相談内容とは関係ありません)

<<試合ばかりで練習がつぶれる。技術は試合だけで身に付くの?練習を削ってでも試合を重視するべきか教えて

<お父さんコーチからの質問>

こんにちは。

街クラブで未就学児から小学6年生までを教えています。

年代ごとに教えなければいけないことはあると思いますが、まずはサッカーというスポーツを楽しんでもらう事と、学年が進むにつれて、考えて動くプレーを身につけさせたいと思っています。

楽しくやりながら、状況を判断して動けるチームにする練習や、自分で考えて動けるようになることを意識させるために伝えるべき言葉(説明)などがあれば教えてください。

<池上さんのアドバイス>

ご相談ありがとうございます。

サッカーというスポーツを教えてあげることが肝要です。そして、それをなるべく早く、低学年でも、幼児からでも伝えてください。

■全員がプレーに関わった実感を持てると楽しくなる

小さいときは、体格や運動能力の違いが大きいため、他の子より少しできる子がひとりでドリブルをしてゴールを奪う。ボールを持ち続ける。そんな場面がよく見られます。

ですので、子どもたちには最初にこう声掛けしてください。

「サッカーってみんなでパスをつないで協力してゴールを奪うスポーツですよ。誰かひとりだけが頑張るスポーツではないよ。もしひとりの子の力で点が取れたとしても、それはいいチームじゃないよ」

そのことをまずわかってもらったうえで、みんなの力を結集して点を取るためにはどうするか、を伝えていきます。

「味方を助けるためにどこへ動く?」
「パスをもらうためには?」

「得点するためには、どこに行く方がチャンスになる?」

そういうところからスタートしましょう。

ボールを持っている子は周りをまず見ること。

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.