子育て情報『ロングキックの蹴り方は? 初心者でもできるキックのコツも解説』

2021年6月16日 12:00

ロングキックの蹴り方は? 初心者でもできるキックのコツも解説

目次

・サッカーのロングキックは大きく分けて3つ
・ロングキックの蹴り方
・助走をとる
・軸足を踏み込ませる
・バックスイングをする
・ボールを蹴る・足を振り抜く
・ロングキックのコツ
・リラックスした状態でキックする
・ボールは真ん中よりも少し下を蹴る
・まずはしっかりとフォームを身につける
・まとめ
ロングキックの蹴り方は? 初心者でもできるキックのコツも解説


サッカーにおけるロングキックは、守備はもちろん攻撃でも使用する基本技術の1つです。うまくいけばロングキック1本でビッグチャンスを迎える可能性もあります。一方で、なかには思ったようにロングキックが蹴れない方もいるでしょう。そこでこの記事では、ロングキックの種類から具体的な蹴り方、さらにはキックのコツなどについて解説します。

サッカーのロングキックは大きく分けて3つ

ロングキックの蹴り方は? 初心者でもできるキックのコツも解説


ロングキックというと、山なりのふわっとしたボールをイメージするかもしれませんが、実は以下の3つに分けることができます。

  • 山なりのふわっとしたロングキック
  • 地面を這うようなグラウンダーのロングキック
  • 高さとスピードを備えたライナー性のロングキック
1つめは、ディフェンスラインの裏を狙うパスを出す際などに使用するロングキックです。2つめは、高さはないものの、スピードを備えているロングキックです。そして3つめは、2つのロングキックの中間だと考えてください。プロのような高いレベルの選手になると、このようなロングキックを場面に応じて適切に使い分けています。

ロングキックの蹴り方

ロングキックの蹴り方は? 初心者でもできるキックのコツも解説


ロングキックは、以下の流れで行います。

  • 助走をとる
  • 軸足を踏み込ませる
  • バックスイングをする
  • ボールを蹴る
  • 足を振り抜く
ここでは、これら5つの流れについて詳しく解説します。

助走をとる

ロングキックを行う場合、キックに勢いを持たせるために助走を取りましょう。助走は45度くらいの角度から行うのが一般的とされていますが、試合中は必ずしもこの角度でキックできるわけではないため、様々な角度から助走を取りキックできるようにしておきましょう。

軸足を踏み込ませる

助走からボールに近づいてきたら、軸足を地面に踏み込ませます。ロングキックを行う場合ボールに強いインパクトを伝えることが重要です。インパクトを大きくするためには、軸足をしっかりと踏み込ませることがポイントとなります。なおロングキックの場合、軸足はボールのやや後方に置くのが一般的です。ただし、人によって適切な位置は異なるため、練習しながら軸足の位置を確かめてみるといいでしょう。

バックスイングをする

ボールへのインパクトをより強いものにするためにはバックスイングをすることが重要です。バックスイングが大きければより強くて早いボールを蹴ることができるでしょう。ただし、バックスイングが大きすぎると相手も対応しやすくなるため注意が必要です。

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.