子育て情報『強いボールが蹴れなくて相手に取られてばかり、強く蹴る方法をどうやって身につけさせればいい?』

2021年10月15日 12:00

強いボールが蹴れなくて相手に取られてばかり、強く蹴る方法をどうやって身につけさせればいい?

ボールを強く蹴ることができなくて、試合では相手に取られてばかり。なかなか勝つことが難しい。せめてもっと強く蹴ることができるようになればボールがつながって楽しめるのでは?と考えるが、サッカー経験が浅くどう教えていいかわからない。というご相談をいただきました。

今回もジェフユナイテッド市原・千葉の育成コーチや、京都サンガF.C.ホームタウンアカデミーダイレクターなどを歴任し、のべ60万人以上の子どもたちを指導してきた池上正さんが、小学生年代の指導で大事なことをアドバイスします。
(取材・文島沢優子)

池上正さんの指導を動画で見る>>

目次

・10歳のころのサッカーをどのように見るか、が大事
・ジュニア気に養うべきものはキック力ではない
・強く蹴らないとボールがつながらないという試合環境は小学生に適してない
・身体の成長とともに自然と蹴れるようになる、まずは認知力をつけるのが大事
・リフティングがたくさん出来る=サッカーが上手いわけではない
・少年サッカーは中学の予備校ではない、年代に合わせた指導を


強いボールが蹴れなくて相手に取られてばかり、強く蹴る方法をどうやって身につけさせればいい?

(写真は少年サッカーのイメージです。ご相談者様、ご相談内容とは関係ありません)

<<味方がパスを受けやすくするための動きが分かってない子どもたちに、理解させる方法を教えて

<お父さんコーチからのご質問>

この春からお父さんコーチをしている者です。

なかなか試合に勝つことが出来ないチームですが、それでもサッカーが少しでも楽しめるように、せめてボールが少しでも強く蹴れるようになる練習方法はありますか?

ボールがほとんど蹴れないので相手に取られてばかりです。

チームの半数以上がインステップキックで当てることが出来ません。リフティングも50回出来る子は全体の三分の一もいない程度です。

また、私自身あまりサッカーを経験をしていないのでどう説明して良いかわかりません。

相手にとられない強度で蹴る、止めるを身につけさせるにはどうしたらいいでしょうか。

<池上さんのアドバイス>

ご相談ありがとうございます。

「強く蹴られるようになってほしい。どうすればいいか?」

ご相談者様と同じ悩みが、サカイク編集部にたくさん届くそうです。

■10歳のころのサッカーをどのように見るか、が大事

指導者が選手に大きく蹴らせたいと考える理由は、相手に攻められて、逃げ出すために大きく蹴ってほしいと考えるようです。ピンチになったときに大きくクリアできないと、延々と攻撃されてしまうからでしょう。特に、ご相談者様が教えている10歳以下の子どもたちにはよくあることです。

多くのコーチが子どもに強いキック力を望むのは、試合に勝つために大きく蹴られるようにしたいのではないでしょうか。攻撃面でも、裏にスペースが空いていて、そこに蹴れば足の速い子が決めてくれます。

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.