子育て情報『最初は「危険な祭り」だった? サッカーの母国イングランドの歴史から紐解く「紳士のスポーツ」としてのサッカーの起源』

2022年5月10日 17:53

最初は「危険な祭り」だった? サッカーの母国イングランドの歴史から紐解く「紳士のスポーツ」としてのサッカーの起源

ワールドカップイヤーの2022年、サッカーを通して世界の国々の歴史や文化を学んでみませんか?

そのきっかけとなるのが、『親子で学ぶサッカー世界図鑑 』シリーズです。子どもたちが大好きなサッカーに日々触れている中で出てくる「なぜ?」を調べてみると、実はそこからさまざまな"学び"を得ることができます。

今回は2月に発行された『親子で学ぶサッカー世界図鑑 イングランド編』から、「サッカーの起源」について抜粋して紹介します。

<<大好きなサッカーを通しての学習だから自然に覚える「サッカー世界図鑑」

■サッカーはいつどこで生まれたか知っている?

目次

・サッカーはいつどこで生まれたか知っている?
・大昔から世界各地で「蹴る」文化
・手を使うのは禁止!危険なプレーは反則!
・手を使っちゃいけないなんてつまらない!そうして生まれたスポーツが...
最初は「危険な祭り」だった? サッカーの母国イングランドの歴史から紐解く「紳士のスポーツ」としてのサッカーの起源


みんなが大好きな「サッカー」。このスポーツがいつ、どこで生まれたか知っていますか?

近代サッカーは、1863年にイングランドで生まれました。

その起源はもっともっと大昔、いまから1000年以上前の8世紀。当時のイングランドでは、戦争に勝つと的将軍の首を切り取って蹴り合い、勝利を祝う風習があったそうです。

それがやがて大衆へと広がり、首に見立てた球体を蹴って決められた時点まで運ぶ「祭り」になり、「遊び」になり、「フットボール」と呼ばれるようになりました。

地域によっては、手を使うことも許されていました。

そんな当時のフットボールは、ときに死人がでるほど荒っぽいもので、あまりの激しさに国がフットボール禁止令を出したこともあったそうです。

大好きなサッカーを通じて世界を学ぼう!
大人も子どもも楽しめるサッカー図鑑>>

■大昔から世界各地で「蹴る」文化

世界各地の遺跡で、丸いボール状のものを蹴る壁画が見つかるほど、人間は大昔から、蹴って遊んだり、競うことが大好きだったようです。

そのひとつが、中国や日本でもおこなわれていた「蹴鞠」で、FIFA(国際サッカー連盟)のホームページでは、「最も古い形態のサッカー」として紀元前1世紀頃の中国の蹴鞠を紹介しています。

■手を使うのは禁止!危険なプレーは反則!

1863年、現代サッカーの誕生

最初は「危険な祭り」だった? サッカーの母国イングランドの歴史から紐解く「紳士のスポーツ」としてのサッカーの起源


乱暴で危険なフットボールは、やがて「大学同士の対抗戦」「卒業生クラブによる試合」としても大人気になりました。当時の大学に通うことができたのは、裕福な上流階級の人たちです。彼らは地域ごと、学校ごとにバラバラだったルールをひとつにしようと話し合いを重ね、1863年に「フットボール協会」

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.