子育て情報『国私立中学入試の国語で最もよく出題された作者、稲垣 栄洋が「人体」の奇跡を描いた最新刊が12月20日に発売』

2021年12月21日 10:00

国私立中学入試の国語で最もよく出題された作者、稲垣 栄洋が「人体」の奇跡を描いた最新刊が12月20日に発売

JAグループの出版団体、家の光協会は、12月20日に、植物学者 稲垣 栄洋さんの最新刊、書籍『手を眺めると、生命の不思議が見えてくる』を発売します。

国私立中学入試の国語で最もよく出題された作者、稲垣 栄洋が「人体」の奇跡を描いた最新刊が12月20日に発売

カバー画像帯アリ

『手を眺めると、生命の不思議が見てくる』書影(帯あり)
著者は、『生き物の死にざま』『世界史を大きく動かした植物』等、多くのベストセラーを持つ植物学者の稲垣 栄洋さん。これまで、動物や植物をテーマとしたさまざまな書籍を執筆してきましたが、今回は「人体」をテーマとした科学エッセイです。

【『手を眺めると、生命の不思議が見てくる』について】
本書は、一匹の蚊に手の甲を刺されたことから始まり、「手」を通して人体の奇跡とも呼べる機能と進化を探ります。病原菌を撃退する白血球たちの奮闘や、自らの命を犠牲にして出血を止める血小板の働き、「細胞の自殺」によってつくられる指の仕組みなど、思わず自分の手を見つめてしまう20編を掲載。指先の皮膚と指紋についてとりあげた第18話「一兆分の一の文様」などは、すぐにでも誰かに話したくなります。

風呂に入ると、指先はしわしわになります。ほとんどの人は、単に水分を吸ってふやけてしまっただけと考えますが、じつはそうではありません。指の神経に損傷を受けた人は、しわしわになりません。つまり、しわしわになる現象は、自然にふやけて生じるのではなく、神経組織が意図的に引き起こしているのです。これは、一説には、わたしたちの祖先が樹上生活をしていたことに由来すると考えられています。そのときに、雨に濡れた枝をしっかりつかめるよう、「滑り止め」として進化したというのです。

また、指紋鑑定に使う指紋が他者と一致する確率は、一兆分の一といわれます。これは、たとえ同一の遺伝子を持つ一卵性の双子であっても、指紋は異なるためです。遺伝的には同じでも、母親の胎内にいるときの位置、血圧、ホルモンレベルなどの僅かな違いが影響し、同じ指紋にならないのです。まさに世界中の誰ともかぶらないオンリーワンなのです。

奇跡ともいえる様々な機能や仕組みを通して、人体の面白さ、生きることの尊さまでを綴る一冊です。

【書誌情報】
『手を眺めると、生命の不思議が見えてくる』
●著者 :稲垣 栄洋
●出版社 :家の光協会
●定価 :1,430円(税込)
●判型など:四六判・並製/200頁/1C/2021年12月20日発売

【目次】
第1話 夏の夜のできごと/第2話 尊く美しい分身たち/第3話 死に体の運び屋/第4話 爪の悲しい細胞/第5話 不老不死以上/第6話 昔の私はどこにいる?/第7話 指と指の間にあるもの/第8話 個性があることの意味/第9話 イヌの指は何本?/第10話 謎に満ちた「目」

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.