くらし情報『粗大ごみ、捨てるその前に「解体する」が正解!ハンディのこりぎの使ってみました[PR]』

2001年12月5日 00:00

粗大ごみ、捨てるその前に「解体する」が正解!ハンディのこりぎの使ってみました[PR]

目次

・使用アイテムと、持ち寄った不用品はこちら!
・【1】まずは木材、切ってみました!
・【2】プラスチックの切り心地は?掃除機のパーツ解体にチャレンジ。
・【3】ここからが本番!スチール素材も切れるのか?!
・【結論】素材違いの3つを試してみて
粗大ごみ、捨てるその前に「解体する」が正解!ハンディのこりぎの使ってみました[PR]

今年も早いもので、あと少し。
そろそろ大掃除や、不要品の整理を始めている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

使わなくなった収納ケースや、木製の棚、ラックなどなどお家で眠っている不要なものって見渡すと意外にあるもの。

粗大ごみで捨てなきゃ...とその前に、その不用品、のこぎりで解体してみませんか。コンパクトにすることで、粗大ごみの回収費用を抑えられたり、はたまた回収ゴミで出せるサイズになるものも。

今回、「ユーティレスハンディのこぎり」を使って
身近な不用品をカットしてみましたよ。

実際に使ってみた使用感と使い方のコツをご紹介します。

使用アイテムと、持ち寄った不用品はこちら!

お家にある不用品大募集!とスタッフに呼びかけたところ、今回集まった”コンパクトにしたい”不用品はこちら。

□ DIY用に張り切って買った木材(引っ越してサイズが合わなくなり不要に、、)
□ 使わなくなった掃除機のパーツ(新しい掃除機を迎え入れたため不要に、、)
□ スチールの棒(組み立て式収納ラックのパーツ)

そして、今回使うのは、「ユーティレスハンディのこぎり」
粗大ごみ、捨てるその前に「解体する」が正解!ハンディのこりぎの使ってみました[PR]

ステーショナリー感覚で使えるデザインでも、切れ味はしっかりプロユース。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.