くらし情報『【ありきたりな日常を楽しむためのヒント】大人として身に着けたい「大和言葉」[PR]』

2019年9月16日 13:43

【ありきたりな日常を楽しむためのヒント】大人として身に着けたい「大和言葉」[PR]

目次

・娘に気付かされた、自分の言葉遣い
・「大和言葉」ってどんなもの?
・言葉の選び方ひとつで印象は大きく変わる
・ボキャブラリーの引き出しに「大和言葉」を加えてみませんか
【ありきたりな日常を楽しむためのヒント】大人として身に着けたい「大和言葉」[PR]

ライターという仕事柄、また私的なブログSNSでも、文章を書く時によく感じるのが、
「自分の言いたいことを、ぴったり表現するって難しい!」ということ。

大げさでも控えめでもなく、伝えたいことをありのまま表現するのは簡単ではありません。
また同じことを伝えるにしても、言葉の選び方で温度感が変わってきたり。

そんな時に、頼りになるものがあるんです。
それが「大和言葉(やまとことば)」と呼ばれる日本に古くからある言い回し。

その謙虚でスマートな表現には、大人として身に着けたい品格が備わっています。

娘に気付かされた、自分の言葉遣い

【ありきたりな日常を楽しむためのヒント】大人として身に着けたい「大和言葉」


絵本やおままごとが大好きな2歳の娘。大人の言葉のマネも増えてきました。

すると娘というフィルターを通して、無自覚だった自分の言葉遣いを目の当たりにすることに。
もともとそんなに乱れていない方だと思っていましたが、それでもやっぱり、子どもに使ってほしくない言葉がちらほら見受けられます。

思えば、話している時、文章を書いている時、SNSを発信する時。以前まで使っていた言葉が、ふと若く感じられたり、なんだかしっくりこないということが、最近増えていました。

ファッションやメイクと同じように、言葉遣いにも「年相応」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.