くらし情報『ちょっとしたことで快腸に!下痢を防ぐ4つのポイント』

2019年5月22日 22:42

ちょっとしたことで快腸に!下痢を防ぐ4つのポイント

目次

・下痢を防ぐ4つのポイント
・下痢になってしまったときの対処法とは
ちょっとしたことで快腸に!下痢を防ぐ4つのポイント


多くの下痢は、食生活を含めた生活習慣が原因で起こります。
下痢を起こさないためには、日ごろの健康管理をしっかり行い、腸の健康を保つことが大切です。そこで、腸を元気にするポイント4つと、下痢になってしまったときの注意点について解説します。

下痢を防ぐ4つのポイント

1.暴飲暴食を避ける
食べ過ぎや水分のとり過ぎは腸の動きを過剰にしてしまいます。すると、腸から吸収されるはずの水分がとり込めず、便の水分量が増えて下痢を引き起こします。
また、「早食い」も消化不良を起こしやすく下痢の原因となるので注意が必要です。

2.腸を元気にする食べものをとり入れる
腸内の善玉菌は、乳酸や酢酸を作って腸内を酸性にし、食中毒菌や病原菌による感染症の予防や免疫力を高めてくれる作用があります。善玉菌を増やすには、ヨーグルト・乳酸菌飲料・納豆・漬物など、ビフィズス菌や乳酸菌を含む食品を毎日とり入れるのが有効です。
他にも、善玉菌のエサとなる食物繊維やオリゴ糖を含む野菜類・果物類・豆類を食べるのもよい方法です。

3.腸を刺激してしまう食べものを控える
脂っこい食事や香辛料たっぷりの食事、コーヒーやアルコールは、腸を刺激して下痢を起こす原因に。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.