くらし情報『男性より病気のリスクあり!女性の健康と飲酒の関係』

2018年12月2日 22:00

男性より病気のリスクあり!女性の健康と飲酒の関係

目次

・女性のカラダがもともとお酒に弱い理由
・お酒の飲み過ぎが女性にもたらす3つのリスク
男性より病気のリスクあり!女性の健康と飲酒の関係


この時期になると、 忘年会などでお酒を飲む機会が増える女性も多いのでは?お酒はコミュニケーションを円滑にするツールにもなりますが、女性のカラダは男性よりもアルコールの影響を受けやすいことが知られています。女性がお酒を飲むことで起こり得る3つのリスクについて解説します。

女性のカラダがもともとお酒に弱い理由

体内の水分量を表す水分率は、男性で55~65%、女性は45~60%と女性の方が少なめです。 この体水分率が少ないとお酒を飲んだときに血液中のアルコール濃度が高くなってしまいます。飲酒量が同じでも、血液中のアルコール濃度は女性の方が高くなりやすいということになります。

また、女性は男性よりも肝臓自体が小さいため、男性よりアルコール処理能力が弱いということも分かっています。これらの要因によって、女性は急性アルコール中毒や肝硬変を引き起こすリスクが高くなる傾向があります。(※1)

お酒の飲み過ぎが女性にもたらす3つのリスク

1.乳がんの発症リスクが上がる
乳がんになる日本人女性は年々増加していて、2012年には年間6万人以上が乳がんと診断されています。欧米型の食生活・太り過ぎ・出産数の減少などが、近年の乳がん患者数の増加の主な原因とされていますが、アルコールの摂り過ぎも乳がんを発生させる原因のひとつです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.