くらし情報『【沖縄国際映画祭】木村監督が涙を流し完成させた作品で、日本中に笑いとエールを贈る』

2011年3月25日 18:55

【沖縄国際映画祭】木村監督が涙を流し完成させた作品で、日本中に笑いとエールを贈る

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)

東北地方太平洋沖地震の発生から2週間がたった。沖縄から元気を届けたいと被災地へのチャリティーを中心に開催されている第3回沖縄国際映画祭も後半を迎えたが、日々、吉本芸人たちによる支援の輪が広がっている。

25日(金)、「Laugh」部門に出品されている『オムライス』が、メイン会場となる沖縄・宜野湾の沖縄国際コンベンションセンターで上映され、南野陽子、陣内孝則、藤井隆、バッファロー吾郎、西方凌と監督作第3作目となる“キム兄”こと木村祐一監督がレッド・カーペット、舞台挨拶に登壇し、舞台挨拶後に行われた囲み取材にも応じてくれた。

街中に溢れる看板やポスター、あらゆるモノから感じた妄想・想像を映像にした本作はオムニバス形式となっており、いままでの木村監督のテイストとは全く異なる切り口で描かれている。

木村監督は最新作について「妄想だらけの作品。僕の頭の中を映画化したような感じ」と説明したあと、東北地方太平洋沖地震にもふれ、「この作品を編集中に大きな揺れを感じました。怖さと闘いながらスタッフと作り上げた作品です。作りながら、作り上げる意味があるのかと涙を流したりもしました。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.