くらし情報『【カンヌレポート3】アンジー、カンヌで家族への愛を熱弁!「家族こそ愛がある場所」』

2011年5月16日 22:41

【カンヌレポート3】アンジー、カンヌで家族への愛を熱弁!「家族こそ愛がある場所」

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)

世界的ヒットとなった人気アニメーションの第2弾『カンフー・パンダ2』が前作に続いてカンヌ国際映画祭に上陸!ボイスキャストを務めたジャック・ブラックアンジェリーナ・ジョリーダスティン・ホフマンが記者会見を行い、一家でフランス入りをしているアンジーの口からは幾度となく家族への愛情あふれる言葉が飛び出した。

“伝説の龍の戦士”の称号を得た食いしん坊のパンダのポーが、仲間たちと共に今度は中国制覇とカンフーの抹殺を狙うシェン大老の野望に立ち向かう。

3人とも前回に続いての参加となったが、ポー役のジャックが「履き心地の良い靴をまた履くみたいな気分だったね。エキサイティングだったよ」と言えば、仲間のマスター・タイガーを演じるアンジーも「2回目の方がもっと楽しかった気がするわ。マスター・タイガーは私がいままでに演じた中でも最高のキャラクターのひとつよ。彼女を演じるのは大好き」とふり返った。ポーの師匠であるシーフー老師役のダスティンは「僕の年になるとすぐ忘れちゃうものでね。今回、まるで初めて演じる気がしたよ」と役柄さながらのとぼけた口調で会場を笑いに包んだ。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.