くらし情報『檀れい、結婚後初の公の場に登場 「幸せ?」の問いに「もちろん」』

2011年9月22日 17:14

檀れい、結婚後初の公の場に登場 「幸せ?」の問いに「もちろん」

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)

映画『三銃士』の日本語吹き替え版で声優を務める溝端淳平檀れいが9月22日(木)、報道陣にアフレコの模様を公開した。檀さんには及川光博との結婚生活についての質問が集中したが、「幸せですか?」という問いに「もちろん」と笑顔を見せた。

幾度となく映像化されてきた「三銃士」の物語を『バイオハザード』シリーズのポール・W・S・アンダーソンが新たに映画化。溝端さんは新たに三銃士に加わり、野望に燃える若きダルタニアンの声を、檀さんはアンダーソン監督の妻でもあるミラ・ジョヴォヴィッチが演じる美しき二重スパイ・ミレディの声を担当する。

それぞれ単独でのシーンに加え、2人が一緒に登場するシーンの収録も公開されたが、映画のアフレコ初挑戦となる溝端さんは「相手の芝居に声を乗せるのは難しかったです」と渋い表情。檀さんから「素敵な声です」と声を掛けられると「そんなことないです。声が低いので、『オッサンだから若い声出して』と(スタッフから)言われてました」と照れくさそう。

劇中、女性から頼みごとと一緒にキスをされて思わず引き受けるというシーンがあるが、溝端さんは「男の性(さが)

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.