くらし情報『小栗旬、心境の変化? 凛々しい和装姿も「若だんな」と呼ばれる…』

2012年1月18日 22:45

小栗旬、心境の変化? 凛々しい和装姿も「若だんな」と呼ばれる…

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)

木こりと新人映画監督の交流をハートウォーミングに描いた話題作『キツツキと雨』の完成披露試写会が1月18日(水)、都内で開催され、主演の役所広司を始め、小栗旬、伊武雅刀、古舘寛治、沖田修一監督が舞台挨拶に出席した。この日、小栗さんは少々時期外れな(!?)和装姿で登場し、「年も明けたことですし、気持ちを一新したくて」。凛々しい立ち姿に女性ファンから歓声があがったが、「何だか気合い入れちゃって、恥ずかしい。(舞台裏では)若だんなと呼ばれるし…」と複雑な表情だった。

『南極料理人』が多くの支持を集めた沖田監督の最新作で、ある村にクルーを率いてゾンビ映画の撮影に訪れた気弱な映画監督(小栗さん)と村の武骨な木こり(役所さん)の交流をユーモアたっぷりに描き出す。昨年の第24回東京国際映画祭で、日本映画として唯一、コンペティション部門に出品され、見事審査員特別賞を受賞。さらに第8回ドバイ国際映画祭で最優秀男優賞・脚本賞・編集賞を受賞し、早くも国際的な評価を得ている。

この日はそんな作品の“心温かさ”にちなんで、キャスト陣によるお悩み相談会を実施。客席の若い女性が「切ない涙が流せる恋愛がしたい」

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.