くらし情報『『ハイザイ』ともさかりえインタビュー 女優として、妻として、母として』

2012年8月16日 11:34

『ハイザイ』ともさかりえインタビュー 女優として、妻として、母として

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)


撮影中、カメラの前に立つ彼女の圧倒的な透明感にドキドキさせられ、取材中、どこまでもさらけ出してくれそうな気さくさに惚れ惚れさせられ、共演者で夫でもあるスネオヘアーについて質問を投げかけると「共演はイヤですね…って言うと語弊がありますけど(笑)、やっぱり、照れくさいじゃないですか」というサラリとした答えに親近感を抱かされる。身構えたコチラの壁をふんわり軽やかに飛び越えてくるような、女優・ともさかりえはそんな好感度を一瞬にして相手に与えてしまうチャーミングな人だ。

女優としての成長「余白が欲しいと思うようになった」

彼女の新作映画は、沖縄の北谷町美浜にある人気スポット“デポアイランド”を舞台に、男女6人(+α)の群像劇が描かれるスタイリッシュ・コメディ『ハイザイ ~神さまの言うとおり~』。演じるのは、万引き中にユタ(運命を占う沖縄の巫女)に間違えられ、ヤクザの下っ端・原沢(落合モトキ)に拉致されてしまうアラサー女・深谷。元々持ち合わせているそのチャーミングさを活かした役でもあり、落合モトキとの密室会話劇が何とも面白い。

「私が出ているパートは車の中の密室劇というか、会話劇がメインです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.