くらし情報『【美的アジア】『ペンギン夫婦の作りかた』が教えてくれる“美味しい愛”の育て方。』

2012年10月17日 10:54

【美的アジア】『ペンギン夫婦の作りかた』が教えてくれる“美味しい愛”の育て方。

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)


嬉しいと思ったことを素直に「嬉しい」と伝えること。
素敵な景色を見て「きれいだね」と感じ合うこと。
美味しいごはんを「美味しいね」って分け合い、食べること。

ただそれだけなのに、これって意外と難しい…。
でも、このシンプルなことを日々積み重ねることで「夫婦は作られていく」、「人と人は繋がっていく」…そう優しく教えてくれる映画が『ペンギン夫婦の作りかた』です。

流行語にもなった大ヒット商品「食べるラー油」の原点である石垣島ラー油を生み出した、ペンギン夫婦の実話を元にした物語は、国際結婚をしたフリーライターの歩美(小池栄子)が、中国人カメラマンの夫・ギョウコウ(ワン・チュアンイー)の失業を機に出かけた石垣島の魅力にとりつかれ、移住するところからスタート。

“美的アジア”的「美しさの第1ポイント」は、なんと言っても小池さん演じる歩美の「安定感」&「どっしり感」。失業に落ち込む旦那さんの前で「ラッキー!」と笑顔を見せる、動じないたくましさやポジティブ思考は、同性から見ても頼りがいがあって、とっても素敵。妻には、「夫を支える明るさ、おおらかさ」が必要なのだと教えてくれます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.