くらし情報『コロッケ、“長渕剛”のネタは無許可?「唯一ご了解いただいていない」』

2014年4月20日 15:00

コロッケ、“長渕剛”のネタは無許可?「唯一ご了解いただいていない」

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)


タレントのコロッケが4月19日(土)、ゲスト声優を務めた『映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん』の初日舞台挨拶に登壇。先日の完成披露試写会に続き、モノマネを“無茶ぶり”されると「唯一ご了解いただいていない」と長渕剛のネタを披露した。

大人気アニメの劇場版22作目で、野原家の父・ひろしがロボット化してしまうという本作。コロッケさんは、日本の父親たちの復権をもくろむ「父ゆれ同盟(父よ、勇気で立ち上がれ同盟)」のマッドサイエンティストで、ひろしをロボットに改造してしまう頑馬博士(がんまはかせ)を、得意のモノマネを交えながら怪演している。

「誰かの声マネでは成立しないので、いままで聞いたことがない新しい声を作り出すのがひと苦労だった。一歩間違えると、志村けんさんになってしまう」とコロッケさん。『映画クレヨンしんちゃん』にゲスト出演するのは、昨年に続き2度目で、これはシリーズ初の快挙!「怒られても懲りないところが似ている。ずっとフザけていますから」としんちゃんに感情移入する。

東京・有楽町のTOHOシネマズ日劇で行われた舞台挨拶にはコロッケさんに加えて、レギュラー声優の矢島晶子野原しんのすけ役)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.