くらし情報『『最強のふたり』のオマール・シーが初来日! ダンスをリクエストされ日本語で「ダメよ~ダメダメ」』

2014年10月26日 14:15

『最強のふたり』のオマール・シーが初来日! ダンスをリクエストされ日本語で「ダメよ~ダメダメ」

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)


世界的ヒットを記録した『最強のふたり』の主演オマール・シーと監督のオリヴィエ・ナカシュが再びタッグを組んだ最新作『サンバ』を携え、第27回東京国際映画祭のために来日。10月26日(日)に舞台挨拶が行われ、オマールは覚えたての日本語やダンスを披露し喝采を浴びた。

本作は、うっかり滞在ビザが失効し国外退去となってしまった青年・サンバが、それでも明るさを失うことなく強く生きていくさまを描いたドラマ。『最強のふたり』は3年前の東京国際映画祭で「グランプリ」と「最優秀男優賞」に輝き、その後、日本を含め世界中で大ヒットとなった。

オマールは「こんにちは、オマール・シーです」と日本語で挨拶。今回が初来日だが、3年前の東京国際映画祭での「最優秀男優賞」は『最強のふたり』の数ある受賞歴の中でも一番最初の受賞だったそうで特別な思いがあるよう。「あの時は日本に来ることはできなかったけど、ここに来てみなさんに『ありがとう』と言いたかったんです」と笑顔で語る。

ナカシュ監督は、今回の企画について「前作の大成功の後、何をすべきか?と考え、また同じチームでやりたいと思いました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.