くらし情報『【シネマ羅針盤】ちょっと気が早いですが…激戦の夏休み映画、勝者と勝因は?』

2015年8月31日 21:00

【シネマ羅針盤】ちょっと気が早いですが…激戦の夏休み映画、勝者と勝因は?

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)


数多くの話題作が公開され、大いに盛り上がった今年の夏休み映画。「この夏は珍しく映画館に行った」という人も多いかもしれない。現在もほとんどの作品が続映中なので、ちょっと気が早いが、最終興収を待たず“体感レベル”で激戦の勝者と勝因を検証したい。

最大のヒット作となったのは、やはり『ジュラシック・ワールド』。各国で旋風を巻き起こす中“最後の公開国”となった日本でも、8月5日(水)の封切り直後から快進撃を続け、驚異的なスピードで興収60億円を突破。今年の公開作品としても、興収トップに輝いており、かつて恐竜が地上の王であったように、本作が今夏最大の勝者となるのは間違いないだろう。配給会社も「80億円は視野に入った」と鼻息が荒く、確かに可能性は十分だ。

第1作『ジュラシック・パーク』から22年前。子どもを連れた30~40代の“ジュラシック世代”をはじめ、若年層のカップルやグループなど幅広い客層がこぞって劇場に足を運んだのはもちろん、2D、3D、IMAX、MX4D、4DXという多彩な上映形態が多くのリピーターを生んだ。特に「MX4D、4DXの座席指定券が全然取れない!」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.