くらし情報『古川雄輝、妖艶シーンに挑戦するも涼しげな顔崩さず「他のシーンと変わらない感覚」』

2016年2月1日 21:11

古川雄輝、妖艶シーンに挑戦するも涼しげな顔崩さず「他のシーンと変わらない感覚」

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)


最旬若手俳優たちが顔を揃えた映画『ライチ☆光クラブ』が2月1日(月)、新宿バルト9で舞台挨拶付きプレミア上映イベントを行った。壇上には野村周平古川雄輝中条あやみ間宮祥太朗池田純矢松田凌戸塚純貴柾木玲弥藤原季節岡山天音内藤瑛亮監督ら総勢11名がずらり出席し、華やかな一夜となった。

鬼才漫画家・古屋兎丸氏のロングセラーコミックを映画化した『ライチ☆光クラブ』は、黒い煙と油に塗れた蛍光町と廃工場の秘密基地・光クラブが舞台。大人のいない世界を作ろうとした9人の少年たちによる、裏切りと愛憎の物語。

集まった11人に○×の札を挙げて答える緊急アンケートを実施。撮影は富士の本物の廃工場で行われたが、「こんな撮影は二度とごめんだと思う人」と聞くと、野村さんは迷った素振りを見せながらも×を挙げた。理由について、「きつい撮影がないと、いい作品ができないと思ったんですよ」と言うと、集まった観客からは「おお~」とどよめきが起こり、「いいこと言うっしょ(笑)」と野村さんは、かわいらしく照れた。

本作では、中条さんが劇中に登場するまで男所帯が続く。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.