くらし情報『第43回アニー賞発表、『インサイド・ヘッド』が作品賞など10部門を制覇』

2016年2月7日 18:00

第43回アニー賞発表、『インサイド・ヘッド』が作品賞など10部門を制覇

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)


第43回アニー賞が6日(現地時間)に発表され、最多14部門でノミネートされた『インサイド・ヘッド』が最優秀作品賞、監督賞、脚本賞など10部門で受賞を果たした。

日本から『バケモノの子』と『思い出のマーニー』がノミネートされていたインディペンデント長編作品賞はブラジルのアレ・アヴレウ監督の『父を探して』(3月公開)が受賞した。

今年は『火垂るの墓』『かぐや姫の物語』の高畑勲監督が功労賞にあたるウィンザー・マッケイ賞を贈られた。

実写映画におけるアニメーション映像に対する賞では、最優秀キャラクター・アニメーション賞を『レヴェナント:蘇えりし者』が受賞、最優秀視覚効果賞を『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』が受賞した。

映画部門
最優秀長編作品賞:『インサイド・ヘッド』

最優秀長編作品賞(インディペンデント):『父を探して』

監督賞:ピート・ドクター(『インサイド・ヘッド』)

脚本賞:ピート・ドクター、メグ・レフォーヴ、ジョシュ・クーリー(『インサイド・ヘッド』)

編集賞:『インサイド・ヘッド』

視覚効果賞:『アーロと少年』

音楽賞:『インサイド・ヘッド』

キャラクター・アニメーション賞:『インサイド・ヘッド』

美術賞:『インサイドヘッド』

キャラクター・デザイン賞:『インサイド・ヘッド』

絵コンテ賞:『インサイド・ヘッド』

ヴォイス・キャスト賞:フィリス・スミス(『インサイド・ヘッド』)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.