くらし情報『辛酸なめ子も「いつ恋」を絶賛!「どんなリア充よりもまぶしい 」』

2016年2月15日 20:00

辛酸なめ子も「いつ恋」を絶賛!「どんなリア充よりもまぶしい 」

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)


有村架純、高良健吾を中心に、本格的ラブストーリーを繰り広げ注目を集める現在放送中のドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」。この度、本日15日放送の第5話について、漫画家・コラムニストとして活躍する辛酸なめ子からコメントが到着した。

本日15日放送の第5話では、音(有村架純)は、朝陽(西島隆弘)に誘われて屋上へ行く。朝陽が用意した望遠鏡で一緒に星を見るふたり。そこで朝陽は、「僕のことを好きになれば両想いをあげられる」と彼女に気持ちを伝える。小夏(森川葵)が練(高良健吾)に思いを寄せていることを知る晴太(坂口健太郎)は、「その恋を叶えてあげる」と言い出す。晴太は、練が地元に帰りたくなるようにすればいい、と小夏に助言した。音は仕事帰りのバスの中で練と出会うが、練は木穂子(高畑充希)と一緒だった。音は、バスを降りた練と木穂子が腕を組んで歩いていく後姿をせつなく見つめる。

練たちがアパートに着くと、部屋の中には小夏と晴太がいた。そこで小夏は、会津で暮らす練の祖父・健二(田中泯)が転倒してケガをしたことを伝える。練は、商店街もなくなってしまったために健二が買い物にも苦労していることを知り、ショックを受ける。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.