くらし情報『【特別映像】ジョン・ラセターが語る、『アーロと少年』&『トイ・ストーリー』の共通点』

2016年3月5日 15:30

【特別映像】ジョン・ラセターが語る、『アーロと少年』&『トイ・ストーリー』の共通点

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)


安田成美、松重豊、八嶋智人、片桐はいりが日本語吹き替えとして出演するディズニー/ピクサーの最新作『アーロと少年』。この度、本作の製作総指揮を務めるジョン・ラセターが、本作と自身が監督などとして制作に関わった『トイ・ストーリー』シリーズとの共通点を語る特別映像が到着した。

世界初の長編フルCGアニメーション『トイ・ストーリー』以来、『Mr.インクレディブル』『カーズ』『インサイド・ヘッド』など世界的な大ヒット作を生み続けてきたディズニー/ピクサー。最新作の本作は、“もしも隕石が地球に衝突せず恐竜が絶滅していなかったら?”というアイデアから、愛する家族と離れ離れになった弱虫でひとりぼっちの恐竜・アーロと、怖いもの知らずの少年・スポットの友情と絆を描いた感動のストーリーだ。日本語吹き替え版には、アーロの母・イダ役の安田さん、父・ブッチ役の松重さん、その子どもナッシュとラムジー役に八嶋さんと片桐さんが出演している。

今年は『トイ・ストーリー』が日本で公開されて20年となる記念すべき年。今回解禁されたのは、ディズニー黄金期の立役者であり、本作の製作総指揮を務めるラセター自らが「本作で描かれるアーロとスポットの関係は『トイ・ストーリー』のウッディとバズの友情を思い出させる」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.