くらし情報『【インタビュー】伝説のクライマーを熱演した阿部寛、「自分のテーマとして、この先考えていくことになる」』

2016年3月16日 18:30

【インタビュー】伝説のクライマーを熱演した阿部寛、「自分のテーマとして、この先考えていくことになる」

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)


幾度も映画化が望まれながらも、その規格外のスケールゆえに実現が叶わなかった夢枕獏著「神々の山嶺(いただき)」。まさしくエヴェレストの登頂のごとく映像化を成し遂げることが困難極まる同原作を、『愛を乞うひと』(’98)の名匠・平山秀幸監督が見事に映画化した。その注目の一作で、消息不明だった伝説のクライマー・羽生丈二役に、硬軟織り交ぜた演技力で人々を惹きつけてやまない阿部寛が挑戦。阿部は、高度5,200メートルのエヴェレストでの撮影を経て、「今後、考えなくてはいけない自分のテーマが生まれた」と語る。

撮影は、2015年の3月に始まった。伝説のクライマー・羽生役を演じ上げるため、阿部は日本で事前にトレーニングを行ったが、出演が決まった当初は撮影が待ち遠しかったと述懐する。「エヴェレストに行けるということは、実際に本当の舞台に行けるということで、それが俳優にとって一番うれしいことなんです。何十人というスタッフたちと一緒に撮影できること、大自然を相手に最高の舞台で芝居ができるってことが本当に楽しみでしたね」。

実際に現地ネパール・エヴェレストに飛び、カトマンズでの撮影も行いながら、高度5,200M付近も含め、40日間ほどのロケ撮影を行った。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.