くらし情報『鈴木保奈美、18年ぶり連ドラ主演でラブストーリーで「ホルモン点滴を受けているよう」』

2016年8月4日 16:09

鈴木保奈美、18年ぶり連ドラ主演でラブストーリーで「ホルモン点滴を受けているよう」

Photo by cinemacafe.net

フジテレビ系連続ドラマ「ノンママ白書」の制作発表会見が4日(木)都内で行われ、主演の鈴木保奈美、共演の菊池桃子渡辺真起子濱田崇裕ジャニーズWEST)、三浦祐太朗が出席。久々のラブストーリー挑戦に鈴木さんは「素敵なホルモン点滴」との感想を口にした。

同作は、アラフィフ子なしバツイチキャリアウーマン・土井玲子(鈴木さん)が、男性優位な社会のなかで、恋に仕事に奮闘していく姿を描く。約18年ぶりの連ドラ主演に鈴木さんは「いままでにないドラマをお届けできるのではないか」と手応え十分で「土曜の夜は、お風呂に入ってパジャマに着替えたら、私たちの女子会に参加するようにゆったりと遊びに来てもらえれば。このドラマを通して、皆誰でもヒロインになれる、自分の人生のヒロインは自分なんだと思ってほしい」とメッセージ。久しぶりのラブストーリーだが「とても良いです。素敵なホルモンの点滴を受けているよう」と満面の笑みを浮かべた。

劇中では、若い部下たちから突き上げを喰らう展開があるも「しっかりとイジメていただいている」と鈴木さんは明かし「本当に面白い俳優さんたちが勢ぞろいなので、辛いシーンだけれど、楽しくやらせていただいている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.