くらし情報『東出昌大、新星女優×『64』監督と大正期の“女相撲”描く『菊とギロチン』』

2016年10月22日 12:00

東出昌大、新星女優×『64』監督と大正期の“女相撲”描く『菊とギロチン』

Photo by cinemacafe.net

4時間38分の壮大な人間ドラマ『ヘヴンズ ストーリー』、佐藤浩市はじめ豪華俳優が競演した『64 -ロクヨン』などで知られる瀬々敬久監督の最新作『菊とギロチン』に、東出昌大と、映画初出演の新星女優・木竜麻生が出演することが明らかとなった。

本作は、瀬々監督が20年以上も温めてきたたためてきた意欲作。第一次世界大戦後の大正時代を舞台に、農村を中心に活況を呈していた“女相撲興行”力士たちと、格差のない理想世界を夢見るアナーキストたちのロマンスあり、アクションあり、社会風刺ありの骨太エンタテインメント。10月7日よりクランクインし、京都府・滋賀県などを中心に撮影が始まっている。

本作の主人公である女相撲力士“菊”を演じるのは、長期にわたる厳しいオーディションの結果、約300名の女性応募者の中から大抜擢された1994年生まれの木竜麻生(きりゅうまい)。本作が映画初主演となる新星だ。

一方、関東大震災時に活動したアナーキストグループ「ギロチン社」のリーダー、中濱鐡には、10年ぶりの続編『デスノート Light up the NEW world』や、羽生善治を演じた『聖の青春』などで独特の存在感を放つ東出さん。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.