くらし情報『ナタリー・ポートマン、クリスチャン・ベイルは「いたずら好き」『聖杯たちの騎士』を語る』

2016年12月22日 19:22

ナタリー・ポートマン、クリスチャン・ベイルは「いたずら好き」『聖杯たちの騎士』を語る

Photo by cinemacafe.net

寡作の巨匠テレンス・マリック監督のもと、クリスチャン・ベイルら、豪華ハリウッドスター競演で贈る『聖杯たちの騎士』。このほど、本作でクリスチャン演じる主人公の脚本家と許されない恋に落ちる人妻を演じたナタリー・ポートマンのインタビュー映像が、シネマカフェに到着した。

気鋭の脚本家リックは、ハリウッド映画の脚本依頼を請けたことをきっかけにセレブリティな生活へと溺れていく。しかし、心の奥底にある怯えや虚無感を拭い切れず、進むべき道を探して彷徨う日々を送っていた。そんな彼の前に現れる6人の美しい女性たち。リックは彼女たちとの愛の記憶の中で、自分の過去と向き合い始める――。

『マネー・ショート華麗なる大逆転』や『ダークナイト』3部作などで知られるクリスチャンが演じる、迷えるイケメン脚本家リックを取り囲むのは、『キャロル』のケイト・ブランシェット、『マイ・ファニー・レディ』のイモージェン・プーツ、『スラムドッグ$ミリオネア』のフリーダ・ピント、『ライト/オフ』のテリーサ・パーマー、『パーフェクト・ルーム』のイザベル・ルーカスといった、それぞれタイプの異なる美女たち。

その中でナタリーは、リックと恋に落ちる人妻のエリザベスを演じている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.