くらし情報『【インタビュー】ベネディクト・カンバーバッチ、ドクター・ストレンジとの共通点を明かす』

2017年1月23日 18:00

【インタビュー】ベネディクト・カンバーバッチ、ドクター・ストレンジとの共通点を明かす

Photo by cinemacafe.net

「他人になり切る俳優の仕事は、かなり“ストレンジ”。それに、僕の名前と顔もわりと“ストレンジ”だよね(笑)」。

この一言で、発言主が誰なのか容易に想像できるはず。一度耳にしたら忘れられない、一度目にしたら忘れられない、自称“ストレンジ”な名前と顔のベネディクト・カンバーバッチが、マーベル映画のヒーローに。その名も『ドクター・ストレンジ』は、元外科医の異色ヒーローだ。もっとも、医学界から戦いの世界への転身は、本人が望んだわけではない。ある日の事故で両手の機能を失ってしまったことが、彼の運命を大きく変える。

「いい経験も悪い経験も経て歳を重ねるのが人間だけど、ストレンジの場合はかなりドラマティック。外科医としての生命を絶たれてしまうのだからね。でも、それをきっかけに、彼の人生は大きく変わる。僕自身に彼ほどの経験はないけど、素晴らしい展開だと実感したよ。ただし、教訓を学んでほしいシーンでもあるんだ。“皆さん、電話をしながら運転するのはやめましょう”ってね。僕も気をつけるから(笑)」。

「僕自身に彼ほどの経験はない」とは言うものの、実はベネディクトの人生もかなりドラマティック。かつて、命の危機に瀕したこともあるとか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.