くらし情報『【シネマカフェ的海外ドラマvol.359】「ザ・クラウン」「ナイト・マネジャー」…GG賞テレビ部門を振り返り』

2017年1月23日 20:00

【シネマカフェ的海外ドラマvol.359】「ザ・クラウン」「ナイト・マネジャー」…GG賞テレビ部門を振り返り

Photo by cinemacafe.net

1月8日(現地時間)に行われた第74回ゴールデン・グローブ賞授賞式。『ラ・ラ・ランド』が7冠を独占した映画の部だけでなく、テレビの部にも様々なドラマがありました。そこで、今回はテレビの部に関連した要注目ポイントをいくつかご紹介したいと思います。

1.1月20日からアメリカ合衆国はジョフリーの国に?
「ジョフリーが生きていたらどうなるかな?12日後にわかるね」。これは司会のジミー・ファロンが冒頭のトーク中に放った一言。1月8日の12日後と言えば、新大統領の就任日。この日は様々なトランプ・ジョークを飛ばしたジミーですが、彼の言う「ジョフリー」とは「ゲーム・オブ・スローンズ」に登場する若き暴君のこと。幼稚で残忍なジョフリーに絡めたジョークは、「ゲーム・オブ・スローンズ」視聴者をニヤリと(あるいはゾッと)させるものでした。このジョークが「?」だった人は、ぜひ「ゲーム・オブ・スローンズ」を!「ああ、なるほど」と思えますから。

2.ビリー・ボブ・ソーントン、2度目のスピーチは…?
ドラマ部門男優賞は、「弁護士ビリー・マクブライド」のビリー・ボブ・ソーントンが受賞。彼の受賞は、2015年度の「FARGO/ファーゴ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.