くらし情報『天海祐希、冒頭から“射撃”に挑戦!「緊急取調室」第2シーズン今夜』

2017年4月20日 14:30

天海祐希、冒頭から“射撃”に挑戦!「緊急取調室」第2シーズン今夜

Photo by cinemacafe.net

2014年に放送された天海祐希主演ドラマ「緊急取調室」の第2シーズンが、4月20日(木)今夜より放送スタートする。この度、第1話で天海さんが拳銃を構えるシーンの写真が到着した。

「緊急取調室」は、天海さん演じる叩き上げの取調官・真壁有希子が、可視化設備の整った特別取調室で取り調べを行う専門チーム「緊急事案対応取調班」(通称・キントリ)のメンバーと共に、数々の凶悪犯と一進一退の心理戦を繰り広げる物語。

今夜放送の第1話では、宅配便の配達車の中から28歳の配達員・小牧修介石田卓也)の遺体が発見される。死因は薬物による中毒死だが、遺体には奇妙な点があった。どういうわけか小牧は、運転席で必要ないはずの傘を差したまま死んでいた。そんな中、地味で年老いた天涯孤独の未亡人・白河民子三田佳子)が自首してくる。ところが困ったことに、民子は数時間と経たないうちに、自首した記憶さえ曖昧な状態に…。しかも畳みかけるように、事件の謎を深める要素が浮上。車内の指紋はいずれも民子と一致しないばかりか、犯行に使われた毒物も彼女の自宅からは発見されなかったのだ。

この事件は重要案件に指定され、有希子ら緊急事案対応取調班が取り調べを担当することに。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.