くらし情報『向井理&斎藤工、「アキラとあきら」クランクアップ!「まだ続いていくような感覚」』

2017年6月7日 12:00

向井理&斎藤工、「アキラとあきら」クランクアップ!「まだ続いていくような感覚」

Photo by cinemacafe.net

ベストセラー作家・池井戸潤の最新作を最速ドラマ化する連続ドラマW「アキラとあきら」。7月より放送される本作が、約3か月の撮影を終えクランクアップ。連続ドラマW初登場でW主演となる向井理と斎藤工からコメントも到着した。

昭和61年4月、メガバンクの産業中央銀行の新人研修が行なわれていた。その最終行程は成績優秀だった2チームが行なう実践形式の融資戦略研修。それぞれのチームの代表は東京大学出身同士の階堂彬(向井理)と山崎瑛(斎藤工)。彬のチームは融資を申し込む会社側、瑛のチームはそれを吟味する銀行側になり、後代にも語り継がれる名勝負を繰り広げた。

日本有数の大企業「東海郵船」の御曹司として生まれ王道を歩んできたエリート、階堂彬。父の会社の倒産、夜逃げなど苦難の道を歩んできた天才、山崎瑛。2人はそれぞれの力で人生を切り開き、同じ産業中央銀行に入行した。実は2人の人生はこれまでにも交差していた。しかし、2人はまだその事実に気付いていない。良き友人、良きライバルとして互いに刺激し合いながら、苦難を乗り越えていく2人。そして“宿命”としか言いようのない、過酷な試練が2人に降り掛かる――。

作家・池井戸氏の“幻の長編”と呼ばれていた「アキラとあきら」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.