くらし情報『有村架純、初の国際映画祭&熱烈歓迎に感激「愛され続ける作品になったら嬉しい」』

2017年10月14日 21:00

有村架純、初の国際映画祭&熱烈歓迎に感激「愛され続ける作品になったら嬉しい」

Photo by cinemacafe.net

現在公開中の映画『ナラタージュ』が、韓国・釜山で開幕した第22回釜山国際映画祭「Gala Presentation部門」に正式招待され、有村架純行定勲監督が開幕式のレッドカーペットとオープニングセレモニーに続いて、13日には、観客の熱烈歓迎を受けながら公式上映の舞台挨拶に登壇した。

あいにくの雨の中でスタートした本映画祭。レッドカーペットに有村さんと行定監督が到着すると、会場は大きな声援に包まれた。2人は少し緊張しつつも終始笑顔でを歩き、サインや握手、写真撮影に応じるなどファンと交流。初の映画祭参加となった有村さんは、「ジョルジオ・アルマーニ(GIORGIO ARMANI)」の大人っぽいブラックドレスで登場。「今回、海外の映画祭に参加させていただくのが初めてですし、アジアで一番規模の大きな釜山映画祭に参加できてすごく嬉しいです。映画祭はこれからなのでどんな体験ができるのか想像しながら楽しんで参加したいなと思っています」と喜びのコメントを語っていた。

『ナラタージュ』(C)2017「ナラタージュ」製作委員会
また、行定監督は「釜山は毎年のように来たい映画祭。釜山は僕にとって自分の映画が世界で観てもらえるための扉を開いてくれる場所です。そういう意味では第二の故郷、と言っても過言じゃない場所だと思っています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.