くらし情報『井浦新、瑛太は「愛してやまない人」 初共演作『光』はBL進化形?』

2017年11月9日 21:05

井浦新、瑛太は「愛してやまない人」 初共演作『光』はBL進化形?

Photo by cinemacafe.net

三浦しをんの同名小説を映画化した『光』のプレミア上映会が11月9日(木)、都内で行われ、井浦新瑛太長谷川京子橋本マナミ大森立嗣監督が出席した。

故郷での忌まわしい“秘密”を共有する男女が25年後に再会を果たし、内なる苦悩と暴力性をむき出しにぶつかり合う。主演を務める井浦さんは「見終わった瞬間は『何だ、これ?』って衝撃で、大森監督がすごいものを作っちゃったなと感じた。(俳優として)魂を削り合ったし、宝物のような作品になった」と強い手応え。瑛太さんは「元気ですかー?元気がないと、この映画、観終わることができません!」と声を張った。

意外にも井浦さんと瑛太さんは、本作で初めて共演。「愛してやまない人。共演できると知ってワクワクしましたし、2人で何かできるってのがうれしくて」(井浦さん)、「尊敬し、大好きな先輩。喜びとともに緊張し、胸がザワついた。現場ではずっと観察していました。休憩中、イスに座るのかな?とか」(瑛太さん)と相思相愛ぶりを披露した。

劇中には暴力の果て、井浦さんが瑛太さんにのしかかるシーンがあり、大森監督は「顔の距離感が近くて、『あれ、キスしちゃうの?』って思うほど。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.