くらし情報『「クイーン」伝記映画、ブライアン・シンガー監督クビで製作中断』

2017年12月5日 17:30

「クイーン」伝記映画、ブライアン・シンガー監督クビで製作中断

Photo by cinemacafe.net

故フレディ・マーキュリーが率いた「クイーン」をテーマとした伝記映画『Bohemian Rhapsody』(原題)の製作が一時的に中断しているという。

原因は、監督を務めていたブライアン・シンガーがたびたび姿を消してしまうこと。監督不在では当然、撮影は進まない…。その結果、20世紀フォックスは「ブライアン・シンガーはもう『Bohemian Rhapsody』の監督はしません」と、事実上のクビを発表した。

シンガー監督の不在は、主演のフレディを演じているラミ・マレック(「MR.ROBOT/ミスター・ロボット」)との確執によるものとささやかれていたが、シンガー監督自らがこれを否定。「ETonline」にこのように語っている。「ぼくの“予期せぬ離脱”はラミ・マレックとの不仲が原因とか書かれてるけど、それは間違いだよ」とシンガー監督。

「確かに、ラミとはクリエイティブ面での違いはあったけど、サンクスギビングの前まではとてもうまくいってたんだ」と、騒動の原因は2人の確執のせいではないと説明。また、「『Bohemian Rhapsody』はぼくにとって情熱を注ぎ込んだプロジェクトだった」と熱意を主張する。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.