くらし情報『ジェニファー・ローレンス、初の“ラジー賞”ノミネート!』

2018年1月23日 13:30

ジェニファー・ローレンス、初の“ラジー賞”ノミネート!

Photo by cinemacafe.net

若くしてアカデミー主演女優賞を獲得した演技派女優のジェニファー・ローレンスが、アカデミー賞と対極にあるゴールデンラズベリー賞に初めてノミネートされた。『MOTHER!』の演技で最低主演女優賞の候補に挙がっている。

通称“ラジー賞”と呼ばれるこの賞は、毎年アカデミー賞の前日に行われる授賞式で2017年の最低な作品、監督、俳優などを発表する。賞の意味合いからトロフィーを受け取りにくる受賞者はほぼ皆無だが、過去にはハル・ベリーやサンドラ・ブロックが授賞式に出席し、トロフィーを受け取った。

主なノミネーションは以下の通り。

最低作品賞
『ベイウォッチ』
『絵文字の国のジーン』
『フィフティ・シェイズ・ダーカー』
『ザ・マミー 呪われた砂漠の王女』
『トランスフォーマー/最後の騎士王』

最低監督賞
ダーレン・アロノフスキー 『MOTHER!』(原題)
マイケル・ベイ 『トランスフォーマー/最後の騎士王』
ジェームズ・フォーリー 『フィフティ・シェイズ・ダーカー』
アレックス・カーツマン 『ザ・マミー 呪われた砂漠の王女』
トニー・レオンディス 『絵文字の国のジーン』

最低主演男優賞
トム・クルーズ 『ザ・マミー 呪われた砂漠の王女』
ジョニー・デップ 『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』
ジェイミー・ドーナン 『フィフティ・シェイズ・ダーカー』
ザック・エフロン 『ベイウォッチ』
マーク・ウォールバーグ 『トランスフォーマー/最後の騎士王』『パパVS新しいパパ 2』

最低助演男優賞
ハビエル・バルデム 『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』『MOTHER!』(原題)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.