くらし情報『キスマイ北山、映画初主演作は“父”で“猫”!? 多部未華子が妻役『トラさん』』

2018年2月9日 06:00

キスマイ北山、映画初主演作は“父”で“猫”!? 多部未華子が妻役『トラさん』

Photo by cinemacafe.net

板羽皆の漫画「トラさん」が、2019年実写映画化されることが決定。映画初主演となる「Kis-My-Ft2北山宏光を主演に迎え、初の父親、初の猫役に挑戦することが分かった。

■もう一度だけ“家族”をやりなおす30日間の物語――

原作は、2014年より「月刊YOU」(集英社)にて連載され、シュールな世界感とあたたかいストーリーが人気を博した板羽氏の「トラさん」。今回そんな原作を、「素敵な選TAXI」「脳にスマホが埋められた!」の筧昌也がメガホンをとり映画化する。

売れない漫画家・高畑寿々男は身の程知らずなポジティブ男。酒とギャンブルに溺れる日々を送っていた。そんなある日。競輪で大当たりして大喜びした帰り道、交通事故で死んでしまう。何の覚悟も、次の作品の発表も、何の教訓も、残さないまま。嫁と娘を残して。寿々男が目覚めると、そこは「関所」だった。死んだ人間はここで面接を受け、次の命が決められる、というシステム。寿々男のあまりのクズっぷりに、裁判長も呆れ顔。そして、下された判決は…「執行猶予1か月。家族の元へ戻り、家族の本当の心・自身の本当の心を見つめ直すものとする。ただし、猫として。」…だった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.