くらし情報『香取慎吾、「久々に歌いたい」素直な胸の内を明かす』

香取慎吾、「久々に歌いたい」素直な胸の内を明かす

2018年2月17日 05:30
 

Photo by cinemacafe.net

『光へ、航る』に続いて、4月6日(金)に2週間限定全国公開される、稲垣吾郎香取慎吾草なぎ剛のファンサイト「新しい地図」が製作するオムニバス映画『クソ野郎と美しき世界』の一編『慎吾ちゃんと歌喰いの巻』の撮影現場が2月初旬、公開された。

本作はCMディレクターで映画監督でもある山内ケンジが脚本&監督を務め、香取慎吾が本人役で、映画初出演となる小学生の中島セナが歌喰い役として登場するファンタジックなストーリー。

山内ケンジ&中島セナ&香取慎吾/『慎吾ちゃんと歌喰いの巻』現場取材

■「慎吾の部屋」の絵はすべて香取さん本人の絵を使用!

この日は、中島さん扮する歌を食べて生きる「歌喰い」が、香取さんと出会い、「慎吾の部屋」にやってきて、独創的な会話や歌喰いと香取さんがベッドで添い寝をするなど、不可思議な交流をはかるシーンが撮影された。「慎吾の部屋」は、都内某所のマンションの一室で撮影が行われたが、本人役ということで、置かれている多数の絵はすべて香取さん本人が描いたもの。色彩豊かでバラエティーに富んだ絵を見ているだけでも、作品のファンタジックな世界にいざなわれたような気分になる。

『慎吾ちゃんと歌喰いの巻』現場取材

山内監督は「香取さんとは、2001年に、Smap Short Films『治療』でご一緒した縁があって、今回参加させていただきました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.